レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
木橋
永山 則夫
河出書房新社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
津軽の十三歳は悲しい―うつりゆく東北の四季の中に、幼い生の苦しみをみずみずしく刻む名作「木橋」、横浜港での沖仲仕としての日々を回想した「土堤」、および「なぜか、アバシリ」を収録。作家・永山の誕生を告げる第一作品集。
amazonでの読者の評価
最高
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
椿山課長の七日間
浅田 次郎
幽霊・化け物・人生
博士の愛した数式
小川 洋子
人生・人間
MOMENT
本多 孝好
死・自殺・人生・不思議
死ぬ前にひとつ願いが叶うとしたら……。病院でバイトをする大学生の「僕」。ある末期患者の願いを叶えた事から、彼の元には患者たちの最後の願いが寄せられるようになる。恋心、家族への愛、死に対する恐怖、そして
秋月記
葉室 麟
歴史・時代・人生
すなまわり
鶴川 健吉
スポーツ・人間
幻のセールスマン
唐 十郎
不思議・ドラマ・人間
衝撃の異色小説集! 話題と反響を呼んだNHKテレビドラマ原作 女が春を売るなら、男がヒサぐ季節は何? 架空の地図を売るセールスマンと肉屋の女との奇妙なる交渉。 表題作の他、少女もの
黄金旅風
飯嶋 和一
歴史・時代・人間
さざなみ軍記・ジョン万次郎漂流記
井伏 鱒二
人間・歴史・時代
都を落ちのびて瀬戸内海を転戦する平家一門の衰亡を、戦陣にあって心身ともに成長して行くなま若い公達の日記形式で描出した「さざなみ軍記」。土佐沖で遭難後、異人船に救助され、アメリカ本土で新知識を身につけて
この著者の他の本
木橋
井伏 鱒二
人生・人間
津軽の十三歳は悲しい―うつりゆく東北の四季の中に、幼い生の苦しみをみずみずしく刻む名作「木橋」、横浜港での沖仲仕としての日々を回想した「土堤」、および「なぜか、アバシリ」を収録。作家・永山の誕生を告げ
平均点ランキング