レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
何もかも憂鬱な夜に
中村 文則
集英社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
施設で育った刑務官の「僕」は、夫婦を刺殺した二十歳の未決囚・山井を担当している。一週間後に迫る控訴期限が切れれば死刑が確定するが、山井はまだ語らない何かを隠している―。どこか自分に似た山井と接する中で、「僕」が抱える、自殺した友人の記憶、大切な恩師とのやりとり、自分の中の混沌が描き出される。芥川賞作家が重大犯罪と死刑制度、生と死、そして希望と真摯に向き合った長編小説。
帯情報
ピース又吉直樹さん大絶賛!!
この小説は僕にとって特別な作品になった。
中村文則さんの作品が読める限り生きて行こうと思う。

芥川賞作家が死刑制度に挑んだ力作!


死刑確定間近の殺人者と、刑務官の「僕」。

芥川賞作家が人の性と死を見つめた意欲作。

「この小説は僕の内部に深く深く浸透し思春期の頃まで遡り僕を根底から救ってくれた」
又吉直樹大絶賛!!
amazonでの読者の感想
・今までの中で一番大切な読書体験となった
・こんなに本に影響されて動揺したのは初
・ここまで心の底を揺さぶられたのは初めて
・著者は天才だと思ってしまった
・私にとって大切な一冊になりました
・生きることの憂鬱を見事に描き切った作品
・人間とは何かを堂々と描こうとしています
・一瞬にして物語の世界に引き込まれた
・薄い本になんと濃く深い物語が書かれている
・読後の魂の浄化された感が素晴らしかった
amazonでの読者の評価
良い
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
ワイルド・ソウル
垣根 涼介
海外・外国・犯罪
その地に着いた時から、地獄が始まった――。1961年、日本政府の募集でブラジルに渡った衛藤。だが入植地は密林で、移民らは病で次々と命を落とした。絶望と貧困の長い放浪生活の末、身を立てた衛藤はかつての入
ナオミとカナコ
奥田 英朗
サスペンス・犯罪
虚ろな十字架
東野 圭吾
ミステリー・犯罪
別れた妻が殺された。もし、あのとき離婚していなければ、私はまた遺族になるところだった。東野圭吾にしか書けない圧倒的な密度と、深い思索に裏付けられた予想もつかない展開。私たちはまた、答えの出ない問いに立
告白
町田 康
犯罪・事件
罪の余白
芦沢 央
親子・死・自殺
少女
湊 かなえ
少年・少女・ミステリー・死・自殺
親友の自殺を目撃したことがあるという転校生の告白を、ある種の自慢のように感じた由紀は、自分なら死体ではなく、人が死ぬ瞬間を見てみたいと思った。自殺を考えたことのある敦子は、死体を見たら、死を悟ることが
模倣の殺意
中町 信
ミステリー・死・自殺・事件
七月七日の午後七時、新進作家、坂井正夫が青酸カリによる服毒死を遂げた。遺書はなかったが、世を儚んでの自殺として処理された。坂井に編集雑務を頼んでいた医学書系の出版社に勤める中田秋子は、彼の部屋で偶然行
命売ります
三島 由紀夫
コメディー・ユーモア・死・自殺
目覚めたのは病院だった、まだ生きていた。必要とも思えない命、これを売ろうと新聞広告に出したところ...。危険な目にあううちに、ふいに恐怖の念におそわれた。死にたくない―。三島の考える命とは。
何もかも憂鬱な夜に
中村 文則
犯罪・死・自殺・法律
施設で育った刑務官の「僕」は、夫婦を刺殺した二十歳の未決囚・山井を担当している。一週間後に迫る控訴期限が切れれば死刑が確定するが、山井はまだ語らない何かを隠している―。どこか自分に似た山井と接する中で、「
13階段
高野 和明
法律・ミステリー
13階段 (講談社文庫) [文庫] [Aug 10, 2004] 高野 和明
この著者の他の本
土の中の子供
高野 和明
人生・人間・親子
27歳のタクシードライバーをいまも脅かすのは、親に捨てられ、孤児として日常的に虐待された日々の記憶。理不尽に引きこまれる被虐体験に、生との健全な距離を見失った「私」は、自身の半生を呪い持てあましながら
教団X
高野 和明
宗教・性愛・官能
去年の冬、きみと別れ
高野 和明
ミステリー・事件
何もかも憂鬱な夜に
高野 和明
犯罪・死・自殺・法律
施設で育った刑務官の「僕」は、夫婦を刺殺した二十歳の未決囚・山井を担当している。一週間後に迫る控訴期限が切れれば死刑が確定するが、山井はまだ語らない何かを隠している―。どこか自分に似た山井と接する中で
平均点ランキング