レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
てのひら
谷津 矢車
学研マーケティング
ジャンル
あらすじ・内容紹介
吉田松陰の妹にして、久坂玄瑞の妻・杉文。元学者で明治以降は政治家として活躍する楫取素彦。互いに惹かれあいながらも別の人間と結婚したふたりの青春から、すれ違いの末に結ばれるまでを、幕末の動乱や松陰の死、長州の人々を絡めながら描く意欲作!
amazonでの読者の評価
最低
良本生活での感想・レビュー
平均
76
最高
76
最低
76
合計レビュー
1人
男性1人 平均76点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
76点
★★★★★★★★★★
総合評価
15点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
14点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
5点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
22点 / 30点
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
3点 ★★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
11点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
3点 ★★★★★
本の仕様
14点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
3点 ★★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
時間を忘れて一気読み
良い読後感を味わえる
2015年大河ドラマ主人公の杉文と小田村伊之助の物語。舞台が幕末の長州とあって登場人物のは明治維新を彩った錚々たる人物の中では殆ど無名に近い人物であったのだが、吉田松陰の妹、友人といった立場から見る、それぞれの人物という視点は面白かった。文章は読みやすいがその分ちょっとあっさりしていて、幕末維新の中心人物ではないってことなのでしょうがないが薩長同盟の陰の立役者「伊之助」と他の登場人物との同盟までの葛藤や、久坂玄瑞の妻「文」の夫とのかかわりなどがあっさりして何もなかったのが残念。ただ2015年の大河を観る前の大まかな流れを知っておくにはいい作品だと思います。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
天皇の料理番
杉森 久英
歴史・時代・料理
小さいときから強情でいたずらっこだった篤蔵は、福井の大庄屋の次男坊。高等小学校の時、ひょんなことから鯖江連隊の田辺軍曹からご馳走になった〈カツレツ〉の味に仰天。彼の運命が大きく変わることに――。その後
鹿の王
上橋 菜穂子
ファンタジー・歴史・時代・医療
女信長
佐藤 賢一
歴史・時代・戦争
群雄を次々と打ち破り、覇王となった織田信長。だが“彼”には大いなる秘密があった。女に生れるも、父にその才を見込まれ、嫡男として育てられたのだ。知るのは近親と臣下のごく一部のみ。大胆な人材登用、新たな戦
ジョーカー・ゲーム
柳 広司
ミステリー・歴史・時代
”魔王”――結城中佐の発案で、陸軍内に極秘裏に設立されたスパイ養成学校”D機関”。その異能の精鋭達が、緊迫の諜報戦を繰り広げる! 吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞に輝く究極のスパイミステリ。
てのひら
谷津 矢車
歴史・時代・恋愛・愛
吉田松陰の妹にして、久坂玄瑞の妻・杉文。元学者で明治以降は政治家として活躍する楫取素彦。互いに惹かれあいながらも別の人間と結婚したふたりの青春から、すれ違いの末に結ばれるまでを、幕末の動乱や松陰の死、
幸福な食卓
瀬尾 まいこ
家族・人生・恋愛・愛
父さんが自殺を失敗したときも、母さんが家を出たときも、朝は普通にやってきた。そして、その悲しい出来事のあとも...。泣きたくなるのはなぜだろう?優しすぎるストーリー。
恋文
連城 三紀彦
恋愛・愛・人間
愛の領分
藤田 宜永
恋愛・愛・人間
妻に先立たれ、一人息子を育てながら静かに仕立て屋を営む中年の男。28年ぶりに突然現れた、かつての親友。その妻で、むかし男が恋焦がれた女。そして35年ぶりに訪れた故郷で出会い、男が年齢差を超えて魅かれる
この著者の他の本
てのひら
藤田 宜永
歴史・時代・恋愛・愛
吉田松陰の妹にして、久坂玄瑞の妻・杉文。元学者で明治以降は政治家として活躍する楫取素彦。互いに惹かれあいながらも別の人間と結婚したふたりの青春から、すれ違いの末に結ばれるまでを、幕末の動乱や松陰の死、
曽呂利!
藤田 宜永
歴史・時代・戦国時代・人物
堺の町で、秀吉を愚弄した落首が見つかった。調べたところ、職人長屋に暮らす鞘師の曽呂利新左衛門という男の仕業だった。捕えられて討ち首になるはずが、持ち前の才覚で死罪を逃れたどころか、口八丁手八丁で秀吉に
平均点ランキング