レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
てのひら
谷津 矢車
学研マーケティング
ジャンル
あらすじ・内容紹介
吉田松陰の妹にして、久坂玄瑞の妻・杉文。元学者で明治以降は政治家として活躍する楫取素彦。互いに惹かれあいながらも別の人間と結婚したふたりの青春から、すれ違いの末に結ばれるまでを、幕末の動乱や松陰の死、長州の人々を絡めながら描く意欲作!
amazonでの読者の評価
最低
良本生活での感想・レビュー
平均
76
最高
76
最低
76
合計レビュー
1人
男性1人 平均76点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
76点
★★★★★★★★★★
総合評価
15点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
14点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
5点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
22点 / 30点
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
3点 ★★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
11点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
3点 ★★★★★
本の仕様
14点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
3点 ★★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
時間を忘れて一気読み
良い読後感を味わえる
2015年大河ドラマ主人公の杉文と小田村伊之助の物語。舞台が幕末の長州とあって登場人物のは明治維新を彩った錚々たる人物の中では殆ど無名に近い人物であったのだが、吉田松陰の妹、友人といった立場から見る、それぞれの人物という視点は面白かった。文章は読みやすいがその分ちょっとあっさりしていて、幕末維新の中心人物ではないってことなのでしょうがないが薩長同盟の陰の立役者「伊之助」と他の登場人物との同盟までの葛藤や、久坂玄瑞の妻「文」の夫とのかかわりなどがあっさりして何もなかったのが残念。ただ2015年の大河を観る前の大まかな流れを知っておくにはいい作品だと思います。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
アルモニカ・ディアボリカ
皆川 博子
ミステリー・歴史・時代
第12回本格ミステリ大賞受賞、そして本の雑誌増刊《おすすめ文庫王国2014》国内ミステリー部門第1位に輝いた『開かせていただき光栄です』の待望の続篇、ついに刊行! 前作のラストから5年後の1775年英
等伯
安部 龍太郎
歴史・時代・芸術・美術
都に出て本物の絵師になる――武家から養家に出された能登の絵仏師・長谷川信春の強い想いが、戦国の世にあって次々と悲劇を呼ぶ。身近な者の死、戦乱の殺戮……それでも真実を見るのが絵師。その焦熱の道はどこへ。
天正女合戦
海音寺 潮五郎
歴史・時代・人間
邂逅の森
熊谷 達也
歴史・時代・冒険
山の民「マタギ」に生まれた青年・松橋富治は、身分違いの恋が災いして秋田の山村を追われ、その波乱の人生がはじまる。何といっても圧倒されるのは、山のヌシ・巨大熊とマタギの壮絶な対決。そして抑えつけられた男
蒲田行進曲 (つかこうへい劇場)
つか こうへい
恋愛・愛・人間

小池 真理子
恋愛・愛・性愛・官能
〔直木賞受賞作〕連合赤軍が浅間山荘事件を起こし、日本国中を震撼させた一九七二年冬。当時学生だった矢野布美子は、大学助教授の片瀬信太郎と妻の雛子の優雅で奔放な魅力に心奪われ、かれら二人との倒錯した恋にの
蔭桔梗
泡坂 妻夫
恋愛・愛・人間
初恋
中原 みすず
事件・青春・恋愛・愛
最高の男たちによる最高権力者への挑戦―それが「三億円事件」だった!犯行に関わった人物が31年後に明かした完全犯罪の全貌!衝撃のノンフィクション・ノベル。
この著者の他の本
てのひら
中原 みすず
歴史・時代・恋愛・愛
吉田松陰の妹にして、久坂玄瑞の妻・杉文。元学者で明治以降は政治家として活躍する楫取素彦。互いに惹かれあいながらも別の人間と結婚したふたりの青春から、すれ違いの末に結ばれるまでを、幕末の動乱や松陰の死、
曽呂利!
中原 みすず
歴史・時代・戦国時代・人物
堺の町で、秀吉を愚弄した落首が見つかった。調べたところ、職人長屋に暮らす鞘師の曽呂利新左衛門という男の仕業だった。捕えられて討ち首になるはずが、持ち前の才覚で死罪を逃れたどころか、口八丁手八丁で秀吉に
平均点ランキング