Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 ノエル―a story of stories― (道尾 秀介)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
ノエル―a story of stories―
道尾 秀介
新潮社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
帯情報
一冊の童話が五人の運命を変えていく・・・

理不尽な現実に舞い降りた「物語」の力。
最も美しく、最も劇的な道尾マジック!
amazonでの読者の評価
普通
良本生活での感想・レビュー
平均
83
最高
83
最低
83
合計レビュー
1人
男性1人 平均83点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
83点
★★★★★★★★★★
総合評価
17点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
13点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
25点 / 30点
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
5点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
3点 ★★★★★
結末の納得度
5点 ★★★★★
読後感
13点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
15点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
3点 ★★★★★
良い読後感を味わえる
心が温かくなる
気持ちの良い作品
それぞれの何気ない日常。社会のためなんて考えないでも身近にいる人を大事にしあうことで幸せが訪れる。子供の時代に抱えたトラウマがそれによって暖かくとけるように亡くなっていく。そして一見関係ない人が実は自分の知らないところで相手に幸せを運んでいる。ほんわかとした気持ちになれる暖かい作品です。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
ヒーローインタビュー
坂井 希久子
スポーツ・人間
チルドレン
伊坂 幸太郎
不思議・人間
虞美人草
夏目 漱石
人間・人生
漱石における悲劇の誕生というべき画期的な作品。「生か死か」という第一主義の道にこそ人間の真の生き方があるという漱石独自のセオリーは、以後の漱石文学の方向である。明治40年、40歳の漱石は一切の教職を辞
木橋
永山 則夫
人生・人間
津軽の十三歳は悲しい―うつりゆく東北の四季の中に、幼い生の苦しみをみずみずしく刻む名作「木橋」、横浜港での沖仲仕としての日々を回想した「土堤」、および「なぜか、アバシリ」を収録。作家・永山の誕生を告げ
究極の純愛小説を、君に
浦賀 和宏
不思議・ミステリー
富士樹海近くで合宿中の高校生文芸部員達が次々と殺されていく。いったい何故? 殺戮者の正体は? この理不尽かつ不条理な事態から、密かに思いを寄せる少女・美優を守る! 部員の八木剛は決意するも、純愛ゆえの
幻のセールスマン
唐 十郎
不思議・ドラマ・人間
衝撃の異色小説集! 話題と反響を呼んだNHKテレビドラマ原作 女が春を売るなら、男がヒサぐ季節は何? 架空の地図を売るセールスマンと肉屋の女との奇妙なる交渉。 表題作の他、少女もの
龍は眠る
宮部 みゆき
不思議・ミステリー
バイバイ、ブラックバード
伊坂 幸太郎
恋愛・愛・不思議
星野一彦の最後の願いは何者かに〈あのバス〉で連れていかれる前に、五人の恋人たちに別れを告げること。そんな彼の見張り役は「常識」「愛想」「悩み」「色気「上品」──これらの単語を黒く塗り潰したマイ辞書を持
この著者の他の本
鬼談百景
伊坂 幸太郎
ホラー・怪談・幽霊・化け物
女の道は一本道
伊坂 幸太郎
エッセイ・人生
篤姫、江の脚本家である田淵久美子さんのエッセイ!篤姫、江に学ぶ、強くしなやかに生きる道一大ブームを巻き起こした篤姫。そしてNHK大河ドラマ通算五十作目のヒロインとなるお江(ごう)。くしくも二人の姫は、
異類婚姻譚
伊坂 幸太郎
夫婦・女性・不思議
「ある日、自分の顔が旦那の顔とそっくりになっていることに気が付いた。」――結婚4年の専業主婦を主人公に、他人同士が一つになる「夫婦」という形式の魔力と違和を、軽妙なユーモアと毒を込めて描く表題作ほか、
長野殺人事件 浅見光彦シリーズ
伊坂 幸太郎
サスペンス・推理
品川区役所で働く直子は、税金の督促で訪ねた男から、彼女が長野県出身者なのを理由に書類を渡される。一カ月後、その男・岡根は長野県内で遺体で発見された。周囲に怪しい男も出現し、不安に怯えた直子は夫の友人・
平均点ランキング