レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
若冲
澤田 瞳子
文藝春秋
ジャンル
あらすじ・内容紹介
奇才の画家・若冲が生涯挑んだものとは――

緻密すぎる構図や大胆な題材、新たな手法で周囲を圧倒した天才は、底知れぬ悩みを抱え、姿を見せぬ好敵手を憎みながら描き続けた。
帯情報
第153回 直木賞候補作

「世に二つとない絵を描く」
画人、その名は伊藤若冲──

池大雅、円山応挙、与謝蕪村、谷文晁、市川君圭・・・

絵師たちの運命が京の都で交錯する。


著者渾身の芸術小説


これは前人未踏の作品である(文芸評論家・縄田一男氏)

豊潤な色彩、鋭い切れ味の描線の向こうに人間の慟哭を聞く(作家・葉室麟氏)

著者の巧みなプロットと筆力につられて、一気に読み終えた(美術史家・辻惟雄氏)

話題騒然!
「讀賣新聞」「朝日新聞」「日経新聞」「東京新聞」「週刊文春」「本の雑誌」ほか
amazonでの読者の評価
普通
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
風の軍師 黒田官兵衛
葉室 麟
歴史・時代・戦争
あす吹く風は、どこからどこへ。黒田官兵衛、ジョアン、細川ガラシャ、織田秀信――伴天連追放令下、「かなわぬ夢」と「かなえてはならない夢」のはざまで生きた人々の思い。『風渡る』に続く葉室麟の「官兵衛」。(
笹の舟で海をわたる
角田 光代
人生・女性・歴史・時代
『本の雑誌』が選ぶ 2014年ベスト10(ノンジャンル)の第1位 獲得! ! 終戦から10年、主人公・左織(さおり)は22歳の時、銀座で女に声をかけられる。風美子(ふみこ)と名乗る女は、左織と疎開先が
土方歳三 上
富樫 倫太郎
歴史・時代・青春
妻は、くノ一
風野 真知雄
歴史・時代・夫婦
平戸藩の御船手方書物天文係の雙星彦馬は、三度の飯より星が好きという藩きっての変わり者。そんな彦馬のもとに上司の紹介で美しい嫁・織江がやってきた。彦馬は生涯大切にすることを心に誓うが、わずかひと月で新妻
道化師の蝶
円城 塔
冒険・芸術・美術
楽園のカンヴァス
原田 マハ
ミステリー・芸術・美術
モダン
原田 マハ
芸術・美術・現代
ニューヨークの中心、マンハッタンに存在し、1920年代から「ザ・モダン」と呼ばれたモダンアートの殿堂。それが「MoMA」ニューヨーク近代美術館。近現代美術、工業デザインなどを収集し、20世紀以降の美術
覇天の歌
岩井 三四二
歴史・時代・芸術・美術
力はなくとも権力に近づけるのが連歌師だ。父の敵・戦国の世への復讐のため、野村紹巴は連歌の道を突き進み、秀吉はじめ名だたる権力者とつながりを持って、天下一の連歌師へと駆け上ったのだが・・・。
この著者の他の本
四つの終止符
岩井 三四二
ミステリー・推理・サスペンス
下町のおもちゃ工場で働く晋一は耳の不自由な青年だった。ある日、心臓病で寝たきりの母が怪死する。栄養剤から砒素が検出されたとき、容疑は晋一に集中した。すべてが不利な中で彼は無実を叫びつつ憤死する。そして
アスペルガーですが、妻で母で社長です。 私が見つけた“人とうまくいく”30のルール
岩井 三四二
障がい・生き方・how to
「どうして本当のことを言ってはいけないの?」と悩んでばかりの“宇宙人”でしたが、今はみんなと幸せです――。この本は「場の空気が読めない」「会話が噛み合わない」「周囲も人も傷つけてしまう」、と、悩み生き
愛の領分
岩井 三四二
恋愛・愛・人間
手紙
岩井 三四二
兄弟・姉妹・犯罪
   本格推理から学園ミステリー、パロディー小説や絵本など、さまざまな作風で読者を魅了しつづける著者が、本書でテーマに据えたのは、犯罪加害者の家族。犯罪が、被害者や加害者だけではなく、その家族にまで及
平均点ランキング