Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 ストロベリーナイト 警部補 姫川玲子 (誉田 哲也)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
ストロベリーナイト 警部補 姫川玲子
誉田 哲也
光文社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
ウィキペディアであらすじを見る
帯情報
こんな警察小説を待っていた!

このスピード感、このハイテンション!

こいつは面白すぎる!


美しき女性刑事が連続猟奇殺人事件に挑む!

殺人ショー「ストロベリーナイト」の真実とは?


朱川湊人
ページをめくる手が止められませんでした。

笹本稜平
これは警察小説の新たな「事件」だ。

香山二三郎
こんな女刑事を待っていた!

三氏激賞!
傑作エンターテインメント小説の登場だ!
これは、すごいぞ。
むちゃくちゃおもしろいぞ。
amazonでの読者の評価
悪い
メディアミックス
映画化 ドラマ化 マンガ化
良本生活での感想・レビュー
平均
65
最高
65
最低
65
合計レビュー
1人
男性1人 平均65点
おすすめ
0
おすすめしない
0
65点
★★★★★★★★★★
総合評価
12点 / 20点
満足度
3点 ★★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
3点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
12点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
3点 ★★★★★
ストーリー
20点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
2点 ★★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
3点 ★★★★★
結末の納得度
3点 ★★★★★
読後感
9点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
3点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
3点 ★★★★★
本の仕様
12点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
3点 ★★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
時間を忘れて一気読み
怖さにゾッとした
タイトル買い
なぜかここ数日急に読書がしたくなり、モンテクリスト伯爵上下、ジャッカルの日、ストロベリーナイト 二転三転ミステリー傑作選22巻を読みました

そのうえでこの作品の感想はというと、今時のテレビドラマみたいな内容だなって印象ですね。
文章には勢いがあるので、一気読みできます。物語もグロさが恐怖に、恐怖がスリリング感につながり次へ次へと読んでしまいます。
ただ読み終わってはー満足した。という状態から1日くらい経って思い返せば結構、隙だらけでユルユルな内容だったなと振り返っちゃう感じでしたので、このような点数のつけ方になります。

最初の死体発見現場では目撃者もない、誰かが何かをしてるような気配や車などの音も特に感じなかった、いつそこにそんなものが置かれたのかもわからない、一体どんな手段で?と読者が疑問に思いそうなことは最後まで謎のままです。物語的にはそこどうでもいいポイントなんでしょうが、そこのところが他の本とだいぶ違いますね。読みやすさにも繋がってるし、隙だらけでゆるゆるだと感じる部分です。

登場人物は今時のテレビドラマの登場人物のような語り口調での所感で成り立ってます。文章でバックボーンが紹介されてるのは主人公のみであとは主人公を主とした登場人物の所感で他のキャラクターの説明してるという感じです。

主人公も最初こそどこぞの京都の女性検察官ばりに勘と行動力で物語引っ張りますが、中盤から最後にかけては失速したっきり、現状のなかで揺蕩う一人の女性であって、事件よりも自分自身の内情に抗うことに精一杯という印象です、事件解決に大きく関わったのは途中まで憎まれ役の別のキャラですしね。俗な言い方すると、主人公は後半何もしてない印象です。たまたまそこにいて、のっぴきならない状況に陥ったら、他のキャラに助けられたって感じです。

この本は最初勢いにのってガーっと読み進んでるうちは大変面白いのですが、熱はすぐにさーっと引いていって、たぶん今後再び読むことがあるのかどうか大変疑問な本です
こんな感想ですね。日頃全く本読まない者の感想でした。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
ブルーマーダー
誉田 哲也
警察・ハードボイルド
池袋の繁華街。雑居ビルの空き室で、全身20カ所近くを骨折した暴力団組長の死体が見つかった。さらに半グレ集団のOBと不良中国人が同じ手口で殺害される。池袋署の刑事・姫川玲子は、裏社会を恐怖で支配する怪物
帰郷 刑事・鳴沢了 鳴沢シリーズ
堂場 瞬一
警察・ミステリー
話があるんです――父の葬儀の翌日、一人の若者が訪ねてきた。新潟県警鬼の一課長と呼ばれた父にとって唯一の未解決案件を再捜査しろというのだ。奇しくも時効は葬儀の当日であった。遺品の備忘録に綴られる捜査への
マスカレード・ホテル
東野 圭吾
ミステリー・警察
都内で起きた不可解な連続殺人事件。容疑者もターゲットも不明。残された暗号から判明したのは、次の犯行場所が一流ホテル・コルテシア東京ということのみ。若き刑事・新田浩介は、ホテルマンに化けて潜入捜査に就く
勁草
黒川 博行
犯罪・警察
オーデュボンの祈り
伊坂 幸太郎
ミステリー・不思議
コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を
人形式モナリザ Shape of Things Human Vシリーズ
森 博嗣
ミステリー・事件
衆人環視の中ステージ上で謎の死。乙女文楽演者の死と2年前の悪魔を崇拝する青年の死に関連は? 蓼科に建つ私設博物館「人形の館」に常設されたステージで衆人環視の中、「乙女文楽」演者が謎の死を遂げた。2年前
柔らかな頬〈上〉
桐野 夏生
ミステリー・親子
ある少女にまつわる殺人の告白
佐藤 青南
ミステリー・事件・子供
第9回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞作品。長崎県南児童相談所の所長が語る、ある少女をめぐる忌まわしい事件。10年前にいったい何が起きたのか―。小学校教師や小児科医、家族らの証言が当時の状況を明
この著者の他の本
感染遊戯 警部補 姫川玲子
佐藤 青南
警察・サスペンス
会社役員刺殺事件を追う姫川玲子に、ガンテツこと勝俣警部補が15年前の事件を語り始める。刺された会社役員は薬害を蔓延させた元厚生官僚で、その息子もかつて殺害されていたというのだ。さらに、元刑事の倉田と姫
ストロベリーナイト 警部補 姫川玲子
佐藤 青南
警察・ミステリー
インビジブルレイン 警部補 姫川玲子
佐藤 青南
警察・サスペンス
姫川(ひめかわ)班が捜査に加わったチンピラ殺人事件。暴力団同士の抗争も視野に入れて捜査が進む中、「犯人(ホシ)は柳井健斗(やないけんと)」というタレ込みが入る。ところが、上層部から奇妙な指示が下った。
インデックス
佐藤 青南
ハードボイルド・警察
平均点ランキング