Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 流 (東山 彰良)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
東山 彰良
講談社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
帯情報
台湾生まれ、日本育ち。
超弩級の才能が、はじめて己の血を解き放つ!
青春は、謎と輝きに満ちている──

二十年に一度の傑作!
とんでもない商売敵を選んでしまった。
北方謙三氏(選考委員)

私は何度も驚き、ずっと幸福だった。
これほど幸せな読書は何年ぶりだ!?
伊集院静氏(選考委員)

林真理子氏、東野圭吾氏、宮部みゆき氏も大絶賛!

故郷・台湾を舞台に描く青春ミステリー
この熱き激流に、立ち向かえるか──
amazonでの読者の感想
・歴史小説であり家族小説でありミステリーでもある青春小説
・ハードボイルド青春小説の金字塔となる
・流を読んだあとに他の小説を読むと物足りなく思う
・1970代後半の台湾を舞台にした青春小説
・日本語で書かれた台湾ものとしては、間違いなく突出した小説
・いずれ古典になれるエンタメ小説
・複雑な味わいで読ませる70年代台湾の青春
・名作といって差し支えないと思う
・台湾のことに少しでも興味のある方にオススメ
・こんな小説が日本で生まれたことに感動する
amazonでの読者の評価
普通
受賞歴
直木賞受賞
良本生活での感想・レビュー
平均
63
最高
63
最低
63
合計レビュー
1人
男性1人 平均63点
おすすめ
0
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
63点
★★★★★★★★★★
総合評価
13点 / 20点
満足度
3点 ★★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
11点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
19点 / 30点
引き込まれ度
3点 ★★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
3点 ★★★★★
結末の納得度
3点 ★★★★★
読後感
9点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
2点 ★★★★★
本の仕様
11点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
3点 ★★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
2点 ★★★★★
思わず買ってしまった
同じ時代でも日本と台湾、生まれた場所が違うだけで考えることが全然違う。正直平和な日本生まれの僕らにはわかりずらい部分も。特に中国本土への感情や血縁の複雑さは中国ならではで、そのあたりの理解が最後までできなかった。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
鉄騎兵、跳んだ
佐々木 譲
車・バイク・青春
オール讀物新人賞を受賞した佐々木譲さんのデビュー作『鉄騎兵、跳んだ』。モトクロスに青春を懸ける青年、貞二の挫折、恋、多感な時期の葛藤を描き、当時の選考委員にも絶賛された瑞々しい作品です。他にも『246
遠いアメリカ
常盤 新平
青春・人生
田舎でロックンロール
奥田 英朗
エッセイ・青春
ぼくは勉強ができない
山田 詠美
青春・学校
不朽の青春小説が今再び!勉強はできないが女にはモテる――高校生・時田秀美に女は皆ときめき、男は皆あこがれた。著者書き下ろしメッセージも収録。
弥勒
篠田 節子
経済・政治・戦争・海外・外国
ヒマラヤの小国・パスキムは、独自の仏教美術に彩られた美しい王国だ。新聞社社員・永岡英彰は、政変で国交を断絶したパスキムに単身で潜入を試みるが、そこで目にしたものは虐殺された僧侶たちの姿だった。そして永
ミノタウロス
佐藤 亜紀
歴史・時代・人間・海外・外国
帝政ロシア崩壊直後の、ウクライナ地方、ミハイロフカ。成り上がり地主の小倅(こせがれ)、ヴァシリ・ペトローヴィチは、人を殺して故郷を蹴り出て、同じような流れ者たちと悪の限りを尽くしながら狂奔する。発表さ
遥かなるケンブリッジ 一数学者のイギリス
藤原 正彦
エッセイ・海外・外国
学界発表、次男へのいじめ、奇怪な英国気質・・・ 大英帝国の威風に挑む男 藤原 大人の見識 おとなの時間 母親の愛情というのはいつもかなしい。
炎熱商人
深田 祐介
企業・会社・海外・外国
中堅商社のマニラ事務所長小寺は本社の要請で未経験のラワン材取引きに手を染めた。しかし現地の人々との信頼の上にビジネスを進めようとする彼の前に、厳しい現実が次々とたちはだかってくる……。炎熱の地で困難な
この著者の他の本
天使の傷痕
深田 祐介
ミステリー・推理・サスペンス
武蔵野の雑木林でデート中の男女が殺人事件に遭遇。瀕死の被害者は「テン」と呟いて息を引き取った。意味不明の「テン」とは何を指すのか。デート中、事件を直接目撃した田島は、新聞記者らしい関心から周辺を洗う。
頭は「本の読み方」で磨かれる
深田 祐介
脳・思考・本
脳は「言葉」と向き合うときに、一番成長する!--茂木健一郎本の読み方ひとつで、人は大きく変わることができるのだ。最新テクノロジーから、文学、芸術、経済学にいたるまで、縦横無尽の知識と鋭い知性を持った脳
走ル
深田 祐介
青春・ロード・旅
銀翼のイカロス
深田 祐介
現代・企業・会社
平均点ランキング