Warning: file_get_contents(https://www.amazon.co.jp/%E6%B5%81-%E6%9D%B1%E5%B1%B1%E5%BD%B0%E8%89%AF-ebook/dp/B00XVAKEQG?SubscriptionId=AKIAIKDVKBSMBJUACPQQ&tag=s0368-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00XVAKEQG): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 流 (東山 彰良)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
東山 彰良
講談社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
青春は、謎と輝きに満ちている――台湾生まれ、日本育ち。「このミス!」出身の異才が、初めて自らの血を解き放つ! 何者でもなかった。ゆえに自由だった――。1975年、偉大なる総統の死の翌月、愛すべき祖父は殺された。無軌道に生きる17歳のわたしには、まだその意味はわからなかった。大陸から台湾、そして日本へ。謎と輝きに満ちた青春が迸る。超弩級の才能が紡ぐ、友情と恋、復讐と死、一家の歴史、人生、命の物語。
帯情報
台湾生まれ、日本育ち。
超弩級の才能が、はじめて己の血を解き放つ!
青春は、謎と輝きに満ちている──

二十年に一度の傑作!
とんでもない商売敵を選んでしまった。
北方謙三氏(選考委員)

私は何度も驚き、ずっと幸福だった。
これほど幸せな読書は何年ぶりだ!?
伊集院静氏(選考委員)

林真理子氏、東野圭吾氏、宮部みゆき氏も大絶賛!

故郷・台湾を舞台に描く青春ミステリー
この熱き激流に、立ち向かえるか──
amazonでの読者の感想
・歴史小説であり家族小説でありミステリーでもある青春小説
・ハードボイルド青春小説の金字塔となる
・流を読んだあとに他の小説を読むと物足りなく思う
・1970代後半の台湾を舞台にした青春小説
・日本語で書かれた台湾ものとしては、間違いなく突出した小説
・いずれ古典になれるエンタメ小説
・複雑な味わいで読ませる70年代台湾の青春
・名作といって差し支えないと思う
・台湾のことに少しでも興味のある方にオススメ
・こんな小説が日本で生まれたことに感動する
amazonでの読者の評価
普通
受賞歴
直木賞受賞
良本生活での感想・レビュー
平均
63
最高
63
最低
63
合計レビュー
1人
男性1人 平均63点
おすすめ
0
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
63点
★★★★★★★★★★
総合評価
13点 / 20点
満足度
3点 ★★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
11点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
19点 / 30点
引き込まれ度
3点 ★★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
3点 ★★★★★
結末の納得度
3点 ★★★★★
読後感
9点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
2点 ★★★★★
本の仕様
11点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
3点 ★★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
2点 ★★★★★
思わず買ってしまった
同じ時代でも日本と台湾、生まれた場所が違うだけで考えることが全然違う。正直平和な日本生まれの僕らにはわかりずらい部分も。特に中国本土への感情や血縁の複雑さは中国ならではで、そのあたりの理解が最後までできなかった。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
なんとなく、クリスタル
田中 康夫
青春・社会
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。一九八〇年東京。
偉大なる、しゅららぼん
万城目 学
SF・青春
高校入学を機に、琵琶湖畔の街・石走にある日出本家にやって来た日出涼介。本家の跡継ぎとしてお城の本丸御殿に住まう淡十郎の“ナチュラルボーン殿様”な言動にふりまわされる日々が始まった。実は、日出家は琵琶湖
ぼくは勉強ができない
山田 詠美
青春・学校
不朽の青春小説が今再び!勉強はできないが女にはモテる――高校生・時田秀美に女は皆ときめき、男は皆あこがれた。著者書き下ろしメッセージも収録。
レインツリーの国
有川 浩
恋愛・愛・青春・インターネット
レインツリーの国 (角川文庫) [文庫] [Sep 24, 2015] 有川 浩
さようなら、オレンジ
岩城 けい
女性・海外・外国
オーストラリアの田舎町に流れてきたアフリカ難民サリマは、夫に逃げられ、精肉作業場で働きつつ二人の息子を育てている。母語の読み書きすらままならない彼女は、職業訓練学校で英語を学びはじめる。そこには、自分
忘れられた巨人
カズオ・イシグロ
ファンタジー・海外・外国
「わたしを離さないで」から10年ブッカー賞作家が満を持して放つ新作長編 老夫婦は謎の霧に覆われた世界を旅する。 息子との再会を信じて・・・。 世界的ベストセラーついに刊行。
日の名残り
カズオ・イシグロ
歴史・時代・社会・海外・外国
短い旅に出た老執事が、美しい田園風景のなか古き佳き時代を回想する。長年仕えた卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々……。遠い思い出は輝き
村田エフェンディ滞土録
梨木 香歩
青春・不思議・海外・外国
時は1899年。トルコの首都スタンブールに留学中の村田君は、毎日下宿の仲間と議論したり、拾った鸚鵡に翻弄されたり、神様同士の喧嘩に巻き込まれたり...それは、かけがえのない時間だった。だがある日、村田
この著者の他の本
路傍
梨木 香歩
人生・人間
俺、28歳。金もなけりゃ、女もいない。定職にも就いてない。同い年の喜彦とつるんでは行きつけのバーで酒を呑み、泥酔したサラリーマンから財布を奪ったりしてはソープランドへ直行する日々。輝いて見えるものなど

梨木 香歩
青春・海外・外国
青春は、謎と輝きに満ちている――台湾生まれ、日本育ち。「このミス!」出身の異才が、初めて自らの血を解き放つ! 何者でもなかった。ゆえに自由だった――。1975年、偉大なる総統の死の翌月、愛すべき祖父は
平均点ランキング