Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 流 (東山 彰良)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
東山 彰良
講談社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
帯情報
台湾生まれ、日本育ち。
超弩級の才能が、はじめて己の血を解き放つ!
青春は、謎と輝きに満ちている──

二十年に一度の傑作!
とんでもない商売敵を選んでしまった。
北方謙三氏(選考委員)

私は何度も驚き、ずっと幸福だった。
これほど幸せな読書は何年ぶりだ!?
伊集院静氏(選考委員)

林真理子氏、東野圭吾氏、宮部みゆき氏も大絶賛!

故郷・台湾を舞台に描く青春ミステリー
この熱き激流に、立ち向かえるか──
amazonでの読者の感想
・歴史小説であり家族小説でありミステリーでもある青春小説
・ハードボイルド青春小説の金字塔となる
・流を読んだあとに他の小説を読むと物足りなく思う
・1970代後半の台湾を舞台にした青春小説
・日本語で書かれた台湾ものとしては、間違いなく突出した小説
・いずれ古典になれるエンタメ小説
・複雑な味わいで読ませる70年代台湾の青春
・名作といって差し支えないと思う
・台湾のことに少しでも興味のある方にオススメ
・こんな小説が日本で生まれたことに感動する
amazonでの読者の評価
普通
受賞歴
直木賞受賞
良本生活での感想・レビュー
平均
63
最高
63
最低
63
合計レビュー
1人
男性1人 平均63点
おすすめ
0
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
63点
★★★★★★★★★★
総合評価
13点 / 20点
満足度
3点 ★★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
11点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
19点 / 30点
引き込まれ度
3点 ★★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
3点 ★★★★★
結末の納得度
3点 ★★★★★
読後感
9点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
2点 ★★★★★
本の仕様
11点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
3点 ★★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
2点 ★★★★★
思わず買ってしまった
同じ時代でも日本と台湾、生まれた場所が違うだけで考えることが全然違う。正直平和な日本生まれの僕らにはわかりずらい部分も。特に中国本土への感情や血縁の複雑さは中国ならではで、そのあたりの理解が最後までできなかった。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
青春ロボット
佐久本 庸介
SF・青春
中学生のなかに紛れ込んだ、人間そっくりの「ロボット」手崎零(てざき・れい)は人間を幸せにするために、常に最適な行動をとっていた。だが、ある出来事により自身がロボットだと周りに気づかれ、友人たちとの関係
さらばモスクワ愚連隊
五木 寛之
音楽・青春
社会主義体制下のはみだし者、スチャリーガの少年たちとジャズの結びつきを「裏側の歴史」として、鋭い時代感覚、リズミックな文体と見事な構成で描き切る。絶賛と注目をあびた、作家の鮮やかなデビュー作。他に「G
ロック・オブ・モーゼス
花村 萬月
音楽・青春
「わたしはこのギターから全てを教わった――」いつも俯きながら生きてきた。音楽がわたしに光を与えてくれた。熱情、誇り、挫折、成長――青春の全てがここにある。心を掻き鳴らす、珠玉のロックンロール小説。朝倉
モーターサイクル・ダイアリーズ
エルネスト・チェ ゲバラ
ロード・旅・青春
二十三歳の医学生エルネストは、親友アルベルトと共に中古のバイクに乗って南米大陸縦断の旅に出る。金も泊まるあてもなく、喘ぐバイクでアンデスを超え、船倉に隠れて密航し、いかだでアマゾン川を下る。様々な出会
遥かなるケンブリッジ 一数学者のイギリス
藤原 正彦
エッセイ・海外・外国
学界発表、次男へのいじめ、奇怪な英国気質・・・ 大英帝国の威風に挑む男 藤原 大人の見識 おとなの時間 母親の愛情というのはいつもかなしい。
日の名残り
カズオ・イシグロ
歴史・時代・社会・海外・外国
短い旅に出た老執事が、美しい田園風景のなか古き佳き時代を回想する。長年仕えた卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々……。遠い思い出は輝き
弥勒
篠田 節子
経済・政治・戦争・海外・外国
ヒマラヤの小国・パスキムは、独自の仏教美術に彩られた美しい王国だ。新聞社社員・永岡英彰は、政変で国交を断絶したパスキムに単身で潜入を試みるが、そこで目にしたものは虐殺された僧侶たちの姿だった。そして永
忘れられた巨人
カズオ・イシグロ
ファンタジー・海外・外国
「わたしを離さないで」から10年ブッカー賞作家が満を持して放つ新作長編 老夫婦は謎の霧に覆われた世界を旅する。 息子との再会を信じて・・・。 世界的ベストセラーついに刊行。
この著者の他の本
超小学生
カズオ・イシグロ
子育て・how to・教育
テレビと漫画は禁止、やりたくないことはやらせない、スタイルを貫きとおす、3歳までに右脳を鍛える、優しくしすぎない、19人のスーパー小学生の親が語る超子育て術。「東大合格生のノートはかならず美しい」の著
ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~
カズオ・イシグロ
ミステリー・推理
ドールハウス
カズオ・イシグロ
親子・人生・恋愛・愛
常軌を逸した強権の父と、身を飾ることを狂気じみて嫌悪する母。一人娘の理加子は29歳になっても「不良になるから」と、髪をのばすことも、気ままに電話することも禁止されている。そんな理加子の前に、仲のよい家
コンテンツの秘密 ぼくがジブリで考えたこと
カズオ・イシグロ
マーケティング・経営・ビジネス
平均点ランキング