レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか?
池上 彰
NHK出版
ジャンル
あらすじ・内容紹介
現代の教養とは「自分を知ること」です。
あなたがいま、身につけるべき教養とは何か? 「宗教」「宇宙」「人類の旅路」「人間と病気」「経済学」「歴史」「日本と日本人」。この7科を貫くのは、「自分がどういう存在なのか」を考えようとする問題意識。7科目のエッセンスを講義形式で明快に説く。将来かならず生きてくる「教養の本質」が一気に身につく!

■目次
序 章 私たちはどこから来て、どこへ行くのか?――現代の教養七科目
第一章 宗教――唯一絶対の神はどこから生まれたのか?
第二章 宇宙――ヒッグス粒子が解き明かす私たちの起源
第三章 人類の旅路――私たちは突然変異から生まれた
第四章 人間と病気――世界を震撼させたウイルスの正体
第五章 経済学――歴史を変えた四つの理論とは?
第六章 歴史――過去はたえず書き換えられる
第七章 日本と日本人――いつ、どのようにして生まれたのか?
amazonでの読者の評価
最低
良本生活での感想・レビュー
平均
84
最高
84
最低
84
合計レビュー
1人
男性1人 平均84点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
84点
★★★★★★★★★★
総合評価
22点 / 25点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
役立ち度
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
印象
18点 / 20点
読みやすさ
5点 ★★★★★
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
5点 ★★★★
内容
16点 / 20点
考えさせられる度
4点 ★★★★★
即効性
3点 ★★★★★
生き方への影響度
4点 ★★★★
結論の納得度
5点 ★★★★★
読後感
11点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
3点 ★★★★★
本の仕様
17点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
4点 ★★★★
考えさせられる本
生き方のヒントになる
宗教、宇宙、人類の旅路、人間と病気、経済学、歴史、日本と日本人 という現代の自由七科というテーマで生きていく上での基礎知識となるような概論を分かりやすく解説してくれている。読みやすく、特にあれ?って部分もなく、課題によっては知っていることも確認のように読めるし、さすがです。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
貨幣とは何だろうか
今村 仁司
お金・社会・哲学
貨幣を経済学の封じこめから解き放ち、人間の根源的なあり方の条件から光をあてて考察する貨幣の社会哲学。貨幣を人間関係の結晶化と見て、自由と秩序をつくりだす媒介者としての重要性を説く。貨幣なき空間は死とカ
AIの衝撃 人工知能は人類の敵か
小林 雅一
思想・評論・社会
生活保護リアル
みわ よしこ
社会・生活
増え続ける生活保護受給者。生活保護制度をやさしく解説するとともに、受給者や生活保護に係わる人々の「ありのまま」の姿を描く。
サッカーと人種差別
陣野 俊史
スポーツ・社会
凄まじい憎悪と彼らはいかに闘ってきたのか――。ここ20年、サッカーの本場ヨーロッパでは、どのような人種差別事件が起きていたのか。サッカーは差別といかに闘ってきたのか。差別を受けた選手の足跡、差別と闘う
フランス現代思想史 - 構造主義からデリダ以後へ
岡本 裕一朗
思想・評論・外国
おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか?
池上 彰
社会・思想・評論
現代の教養とは「自分を知ること」です。あなたがいま、身につけるべき教養とは何か? 「宗教」「宇宙」「人類の旅路」「人間と病気」「経済学」「歴史」「日本と日本人」。この7科を貫くのは、「自分がどういう存
京都ぎらい
井上 章一
街・町・思想・評論
新書。中古です。概ね良好。商品カバーとイメージ画像とに相違がある場合がございます。稀に書き込み、傷み等がある場合がございますのでご了承下さい。過度に状態を気にされる方および中古品に神経質な方はご注文を
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
社会・日本・思想・評論
成長社会に戻ることのないいま、私たちは、そろそろ価値観を転換しなければならないのではないか。あたらしい「この国のかたち」を模索し、私たち日本人のあり方を考察した、これからの日本論!/絶賛の声、続々! 
この著者の他の本
アイネクライネナハトムジーク
平田オリザ
人間・人生
代替医療の光と闇 ― 魔法を信じるかい?
平田オリザ
社会・病気・薬
代替医療は存在しない。 効く治療と効かない治療があるだけだ。
佐賀のがばいばあちゃん
平田オリザ
家族・現代
走ル
平田オリザ
青春・ロード・旅