レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか?
池上 彰
NHK出版
ジャンル
あらすじ・内容紹介
現代の教養とは「自分を知ること」です。
あなたがいま、身につけるべき教養とは何か? 「宗教」「宇宙」「人類の旅路」「人間と病気」「経済学」「歴史」「日本と日本人」。この7科を貫くのは、「自分がどういう存在なのか」を考えようとする問題意識。7科目のエッセンスを講義形式で明快に説く。将来かならず生きてくる「教養の本質」が一気に身につく!

■目次
序 章 私たちはどこから来て、どこへ行くのか?――現代の教養七科目
第一章 宗教――唯一絶対の神はどこから生まれたのか?
第二章 宇宙――ヒッグス粒子が解き明かす私たちの起源
第三章 人類の旅路――私たちは突然変異から生まれた
第四章 人間と病気――世界を震撼させたウイルスの正体
第五章 経済学――歴史を変えた四つの理論とは?
第六章 歴史――過去はたえず書き換えられる
第七章 日本と日本人――いつ、どのようにして生まれたのか?
amazonでの読者の評価
最低
良本生活での感想・レビュー
平均
84
最高
84
最低
84
合計レビュー
1人
男性1人 平均84点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
84点
★★★★★★★★★★
総合評価
22点 / 25点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
役立ち度
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
印象
18点 / 20点
読みやすさ
5点 ★★★★★
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
5点 ★★★★
内容
16点 / 20点
考えさせられる度
4点 ★★★★★
即効性
3点 ★★★★★
生き方への影響度
4点 ★★★★
結論の納得度
5点 ★★★★★
読後感
11点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
3点 ★★★★★
本の仕様
17点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
4点 ★★★★
考えさせられる本
生き方のヒントになる
宗教、宇宙、人類の旅路、人間と病気、経済学、歴史、日本と日本人 という現代の自由七科というテーマで生きていく上での基礎知識となるような概論を分かりやすく解説してくれている。読みやすく、特にあれ?って部分もなく、課題によっては知っていることも確認のように読めるし、さすがです。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
ナショナリズム入門
植村 和秀
思想・評論・社会
人々はなぜナショナリズムにこだわるのか? 日本と中国、ドイツ、ユーゴスラヴィアなどのヨーロッパ世界、南北アメリカなど、世界の様々な地域の多様なナショナリズムの構造を分析し、21世紀世界の最大の問題であ
実録・北の三叉路
安 宿緑
外国・社会・北朝鮮
謎の隣国・北朝鮮。報じられるのは金一家の独裁体制や核・拉致問題などの政治トピックばかりだが、かの国にも普通に生活する一般人がいる。北朝鮮出身の父親と在日韓国人2世の母親の間に生まれ、朝鮮総聯に勤務して
橘玲の中国私論
橘 玲
社会・グローバル
池上彰のこれが「世界のルール」だ!
池上 彰
社会・思想・評論
平和は終わった!「イスラム国」からピケティ「21世紀の資本」まで、大困難の時代に必要な50の知識「日本が攻撃対象であることを名指しされる時代になりました。過去ののどかで平和な時代は終わりを告げたかのよ
国家の攻防/興亡 領土、紛争、戦争のインテリジェンス
佐藤 優
思想・評論・武器
人工知能は人間を超えるか
松尾 豊
IT・WEB・研究・思想・評論
グーグルやフェイスブックが開発にしのぎを削る人工知能。日本トップクラスの研究者の一人である著者が、最新技術「ディープラーニング」とこれまでの知的格闘を解きほぐし、知能とは何か、人間とは何かを問い直す。
反知性主義: アメリカが生んだ「熱病」の正体
森本 あんり
社会・思想・評論
護憲派メディアの何が気持ち悪いのか
潮 匡人
マスコミ・メディア・報道・政治・思想・評論
安保法制を「戦争法案」と煽った左派マスコミや知識人。「徴兵制になる」などと事実無根の報道や主張を繰り返し、冷静な議論を行わず対案も出さない彼らに、えもいわれぬ「気持ち悪さ」を感じたのは著者だけではある
この著者の他の本
千年の愉楽
潮 匡人
性愛・官能・不思議
熊野の山々のせまる紀州南端の地を舞台に、高貴で不吉な血の宿命を分かつ若者たち――色事師、荒くれ、夜盗、ヤクザら――の生と死を、神話的世界を通して過去・現在・未来に自在にうつし出し、新しい物語文学の誕生
夜は短し歩けよ乙女
潮 匡人
恋愛・愛・ファンタジー
オーデュボンの祈り
潮 匡人
ミステリー・不思議
コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を
卒業
潮 匡人
ミステリー・推理