Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 ユダの柩 (福田 和代)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
ユダの柩
福田 和代
朝日新聞出版
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
最低
良本生活での感想・レビュー
平均
57
最高
57
最低
57
合計レビュー
1人
男性1人 平均57点
おすすめ
0
おすすめしない
0
奥河
40代
男性
会社員
神様ゲーム
麻耶 雄嵩
71点
総理の夫
原田 マハ
80点
銀翼のイカロス
池井戸 潤
85点
この闇と光
服部 まゆみ
62点
インデックス
誉田 哲也
61点
57点
★★★★★★★★★★
総合評価
12点 / 20点
満足度
3点 ★★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
3点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
9点 / 15点
スピード感
3点 ★★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
3点 ★★★★★
ストーリー
17点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
2点 ★★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
3点 ★★★★★
結末の納得度
2点 ★★★★★
読後感
7点 / 15点
読後の影響度
2点 ★★★★★
読後のあと味
3点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
2点 ★★★★★
本の仕様
12点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
3点 ★★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
考えさせられる本
ノンフィクションのようなリアルがある
マムリアというアフリカの小国をご存じでしょうか?世界で3番目に貧しい国なのです。その国と日本との舞台にした物語です。
マムリアにはウラン鉱石が見つかり、国がヒトが変貌します。
現代の国際社会に対して、何か忘れたモノを考えさせられる内容でした。自分、日本が良ければそれでいいの?お金だしてりゃそれでいいの?場面が展開する臨場感のある物語でした。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
毒入りチョコレート事件
アントニイ・バークリー
ミステリー・推理
ロジャー・シェリンガムが創設した「犯罪研究会」の面々は、迷宮入り寸前の難事件に挑むことになった。被害者は、新製品という触れ込みのチョコレートを試食した夫妻。チョコレートには毒物が仕込まれており、夫は一
容疑者Xの献身
東野 圭吾
ミステリー・推理
葉桜の季節に君を想うということ
歌野 晶午
ミステリー・探偵
風ヶ丘五十円玉祭りの謎
青崎 有吾
ミステリー・探偵
相変わらず学校内に住んでいる裏染天馬のもとに持ち込まれる様々な謎。学食の食器をめぐる不可思議な出来事、吹奏楽部内でのトラブル、お祭りの屋台のお釣りにまつわる謎ほかに、裏染の妹・鏡華の華麗な謎解きを加え
天空の蜂
東野 圭吾
サスペンス・現代
夜を急ぐ者よ
佐々木 譲
ハードボイルド・サスペンス・恋愛・愛
原口泰三。非合法組織に追われる彼は、嵐が接近する沖縄那覇空港に降り立ち、追っ手の目から逃れるためにうらぶれたホテルに投宿する。東恩納順子。ホテル経営責任者。以前は経営に情熱を燃やしていた彼女だったが、
ジェゼベルの死
クリスチアナ・ブランド
ミステリー・サスペンス・推理
ジェゼベルの死 (ハヤカワ・ミステリ文庫 57-2)
ルパンの消息
横山 秀夫
ミステリー・サスペンス・青春
15年前、自殺とされた女性教師の墜落死は実は殺人――。警視庁に入った一本のタレ込みで事件が息を吹き返す。当時、期末テスト奪取を計画した高校生3人が校舎内に忍び込んでいた。捜査陣が二つの事件の結び付きを
この著者の他の本
星読島に星は流れた (ミステリ・フロンティア)
横山 秀夫
サスペンス・推理
〈トリックスターズ〉シリーズの俊英が満を持して描く快作長編推理!天文学者サラ・ディライト・ローウェル博士は、自分の住む孤島で毎年、天体観測の集いを開いていた。ネット上の天文フォーラムで参加者を募り、招
ルーズヴェルト・ゲーム
横山 秀夫
企業・会社・経済・政治
大手ライバル企業に攻勢をかけられ、業績不振にあえぐ青島製作所。リストラが始まり、歴史ある野球部の存続を疑問視する声が上がる。かつての名門チームも、今やエース不在で崩壊寸前。廃部にすればコストは浮くが―
握る男
横山 秀夫
食・お仕事・企業・会社
握る男 (角川文庫) [文庫] [Mar 25, 2015] 原 宏一
実録・北の三叉路
横山 秀夫
外国・社会・北朝鮮
謎の隣国・北朝鮮。報じられるのは金一家の独裁体制や核・拉致問題などの政治トピックばかりだが、かの国にも普通に生活する一般人がいる。北朝鮮出身の父親と在日韓国人2世の母親の間に生まれ、朝鮮総聯に勤務して
平均点ランキング