レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
日本史の謎は「地形」で解ける
竹村 公太郎
PHP研究所
ジャンル
あらすじ・内容紹介
養老孟司氏、推薦! 荒俣宏氏、推薦!河川行政に長年携わり、日本全国の「地形」を熟知する著者が、歴史の専門家にはない独自の視点(=インフラからの視点)で日本史のさまざまな謎を解き明かしていく。なぜ京都が都になったか──都市繁栄の絶対条件元寇が失敗に終わった本当の理由とは何か──日本の危機を救った「泥の土地」なぜ信長は比叡山延暦寺を焼き討ちしたか──地形が示すその本当の理由関ヶ原勝利後、なぜ家康はすぐ江戸に戻ったか──巨大な敵とのもう一つの戦い赤穂浪士の討ち入りはなぜ成功したか──徳川幕府百年の復讐なぜ吉原遊郭は移転したのか──ある江戸治水物語なぜ江戸無血開城が実現したか──船が形成した日本人の一体感「地形」を見直すと、まったく新しい歴史が見えてくる!歴史に対する固定観念がひっくり返る知的興奮と、ミステリーの謎解きのような快感を同時に味わえる1冊。
帯情報
養老孟司氏、推薦!
歴史の常識を覆すようなことを、データで裏づけしながらやってくれる。
だから面白いし納得できる。

荒俣宏氏、絶賛!
ほとんど人が作り上げた日本の国土。
だったら日本史の謎も国土を読めば解けるだろう!
amazonでの読者の評価
最低
良本生活での感想・レビュー
平均
87
最高
93
最低
82
合計レビュー
2人
男性2人 平均87点
おすすめ
2
おすすめしない
0
奥河
40代
男性
会社員
神様ゲーム
麻耶 雄嵩
71点
総理の夫
原田 マハ
80点
銀翼のイカロス
池井戸 潤
85点
この闇と光
服部 まゆみ
62点
インデックス
誉田 哲也
61点
82点
★★★★★★★★★★
総合評価
23点 / 25点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
5点 ★★★★★
役立ち度
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
印象
18点 / 20点
読みやすさ
4点 ★★★★
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
5点 ★★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
内容
14点 / 20点
考えさせられる度
5点 ★★★★★
即効性
3点 ★★★★★
生き方への影響度
3点 ★★★★★
結論の納得度
3点 ★★★★★
読後感
13点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
14点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
3点 ★★★★★
わかるわかると共感できる
独特な世界観
良い読後感を味わえる
地形から歴史を理解するという切り口に興味がひかれた。歴史を振り返るとなんらかの理由があるもので、すべて地形とまではいいきれないが、「なるほど!」と共感いたしました。
日本史と地理が好きな自分にとっては、とても引き込まれた作品でした。
同じ内容が度々登場する場面がありましたが、愛嬌の範囲内と理解したら良いでしょう。
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
93点
★★★★★★★★★
総合評価
23点 / 25点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
5点 ★★★★★
役立ち度
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
印象
20点 / 20点
読みやすさ
5点 ★★★★★
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
5点 ★★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
内容
16点 / 20点
考えさせられる度
5点 ★★★★★
即効性
3点 ★★★★★
生き方への影響度
3点 ★★★★★
結論の納得度
5点 ★★★★★
読後感
15点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
5点 ★★★★★
本の仕様
19点 / 20点
表紙
5点 ★★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
5点 ★★★★★
時間を忘れて一気読み
考えさせられる本
絶対読んだ方が良い
とにかく面白かった!歴史の面白さは定説とされているものが新しい発見によって覆されていくこと。これを日本の国土、地理環境から読み解いていく作品。現代僕らが見ている風景は、当時とは違っている、時間軸の感覚がなければすぐには理解ができないのだが、歴史の舞台となった場所が当時どんな地形だったのかを考えると、歴史の事実が必然になっていく。いろんな歴史の人物像から歴史的事実を読み解く通説ではなく、環境から読み解くアプローチは非常に分かりやすく納得ができるものでした。特に東京の成り立ちに関わる江戸への徳川家康の慧眼には驚かされました。今の政治リーダーにこれだけの先見の明があるのかと思うとがっくりきます。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
日本史の謎は「地形」で解ける【文明・文化篇】
竹村 公太郎
地理・不思議・謎
荒俣宏氏、驚嘆! 「地形で読み解けば、全地球の文明・文化が理解できる。第2弾は古代エジプトの謎まで!」養老孟司氏、激賞! 「なぜ日本は世界一の長寿国になれたか──。その問いを解く鍵が『大正10年』にあ
日本史の謎は「地形」で解ける
竹村 公太郎
地理・不思議・謎
養老孟司氏、推薦! 荒俣宏氏、推薦!河川行政に長年携わり、日本全国の「地形」を熟知する著者が、歴史の専門家にはない独自の視点(=インフラからの視点)で日本史のさまざまな謎を解き明かしていく。なぜ京都が
野生めぐり: 列島神話の源流に触れる12の旅
石倉 敏明
地理・歴史・日本
未知の「日本」へ 日本列島に潜む無数の<他者>の記憶を辿る。 人類学者と写真家が旅した「現代の野生」
日本百低山―標高1500メートル以下の名山100プラス1
小林 泰彦
地理・旅行・観光・自然
低山にも名山あり。百の低山に百の楽しみあり。標高1500メートル以下の山々を、北海道・東北から15山、関東から42山、甲信越・東海から20山、関西以西から23山の計100山に、今回あらたに1山追加。低
日本史の謎は「地形」で解ける【文明・文化篇】
竹村 公太郎
地理・不思議・謎
荒俣宏氏、驚嘆! 「地形で読み解けば、全地球の文明・文化が理解できる。第2弾は古代エジプトの謎まで!」養老孟司氏、激賞! 「なぜ日本は世界一の長寿国になれたか──。その問いを解く鍵が『大正10年』にあ
本能寺の変 431年目の真実
明智 憲三郎
歴史・不思議・謎・研究
名門・土岐明智氏の行く末に危機感を抱いていた光秀。信長の四国征伐がさらに彼を追いこんでゆく。ところが、絶望する光秀の前に、天才・信長自身が張りめぐらした策謀が、千載一遇のチャンスを与えた! なぜ光秀は
昭和史 七つの謎
保阪 正康
歴史・不思議・謎
いまだ過ぎ去ろうとしない「昭和」 緻密な実証、代替な推理!
出雲大社の暗号
関 裕二
歴史・不思議・謎
「大きな神殿を建てればおとなしくしている。そうしないと暴れるよ」。神話の中で語られてきた大国主神の言葉は真実だったのか?ここ30年の研究の成果から、弥生時代後期、出雲や山陰地方に無視できない勢力が存在
この著者の他の本
日本史の謎は「地形」で解ける
関 裕二
地理・不思議・謎
養老孟司氏、推薦! 荒俣宏氏、推薦!河川行政に長年携わり、日本全国の「地形」を熟知する著者が、歴史の専門家にはない独自の視点(=インフラからの視点)で日本史のさまざまな謎を解き明かしていく。なぜ京都が
日本史の謎は「地形」で解ける【文明・文化篇】
関 裕二
地理・不思議・謎
荒俣宏氏、驚嘆! 「地形で読み解けば、全地球の文明・文化が理解できる。第2弾は古代エジプトの謎まで!」養老孟司氏、激賞! 「なぜ日本は世界一の長寿国になれたか──。その問いを解く鍵が『大正10年』にあ