レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
天使の囀り
貴志 祐介
KADOKAWA / 角川書店
ジャンル
あらすじ・内容紹介
北島早苗は、終末期医療に携わる精神科医。恋人の高梨は、病的な死恐怖症(タナトフォビア)だったが、新聞社主催のアマゾン調査隊に参加してからは、人格が異様な変容を見せ、あれほど怖れていた『死』に魅せられたように自殺してしまう。さらに、調査隊の他のメンバーも、次々と異常な方法で自殺を遂げていることがわかる。アマゾンでいったい何が起きたのか? 高梨が死の直前に残した「天使の囀りが聞こえる」という言葉は、何を意味するのか? 前人未踏の恐怖が、あなたを襲う。
帯情報
「黒い家」を凌ぐ、大傑作

頻発する異常自殺事件!
それは人類への仮借なく懲罰なのか。
迫り来る死の予兆と快楽への誘惑。
漆黒の闇から今、天使が舞い降りる。
注目の気鋭が放つ、衝撃の問題作(書き下ろし)

現代社会の病根を抉りだす、前人未到の超絶エンタテインメント
amazonでの読者の評価
最低
良本生活での感想・レビュー
平均
82
最高
82
最低
82
合計レビュー
1人
男性1人 平均82点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
82点
★★★★★★★★★★
総合評価
16点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
文章力
13点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
26点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
13点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
14点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
3点 ★★★★★
ノンフィクションのようなリアルがある
においまでも伝わってくる
時間を忘れて一気読み
人間にも憑依する脳虫。体に入るといったん精神状態が向上し快楽も感じるようになる麻薬のような恐ろしい寄生虫が人々を翻弄する。ありえなくもない話でぞっとします。登場人物もそれぞれが魅力的で読み応えがありました。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
殺人鬼フジコの衝動
真梨 幸子
ミステリー・ホラー・怪談・犯罪
一家惨殺事件のただひとりの生き残りとして、新たな人生を歩み始めた十歳の少女。だが、彼女の人生はいつしか狂い始めた。またひとり、彼女は人を殺す。何が少女を伝説の殺人鬼・フジコにしてしまったのか? あとが
絵本 御伽草子 付喪神
町田 康
幽霊・化け物・ホラー・怪談・歴史・時代
「人間むかつく、復讐してぇ」棄てられた茶碗、傘、招き猫・・・ 様々な「物」たちが節分の夜、怪しい鬼へと変幻する! 風刺と諧謔、町田節全開で描く 人間vs妖怪大合戦の行方は─? 人気作家
ぼぎわんが、来る
澤村 伊智
ホラー・怪談・幽霊・化け物
幸せな新婚生活を営んでいた田原秀樹の会社に、とある来訪者があった。取り次いだ後輩の伝言に戦慄する。それは生誕を目前にした娘・知沙の名前であった。原因不明の怪我を負った後輩は、入院先で憔悴してゆく。その
忌談 終<忌談>
福澤 徹三
ホラー・怪談・不思議
疎遠だった祖父の葬式に出席した大学生の身体に生じた異変とは(「血縁」)。キャバクラに居た不思議な力を持つ女のその後(「霊感のある女」)。キャンプ場の木に吊るされていた奇妙なロープ(「縊死体のポケット」
亜愛一郎の狼狽
泡坂 妻夫
ミステリー・推理・探偵
雲や虫など奇妙な写真を専門に撮影する青年カメラマン亜愛一郎は、長身で端麗な顔立ちにもかかわらず、運動神経はまるでなく、グズでドジなブラウン神父型のキャラクターである。ところがいったん事件に遭遇すると、
ストロベリーナイト 警部補 姫川玲子
誉田 哲也
警察・ミステリー
溜め池近くの植え込みから、ビニールシートに包まれた男の惨殺死体が発見された! 警視庁捜査一課の警部補・姫川玲子は、これが単独の殺人事件で終わらないことに気づく。捜査で浮上した謎の言葉「ストロベリーナイ
天使の傷痕
西村 京太郎
ミステリー・推理・サスペンス
武蔵野の雑木林でデート中の男女が殺人事件に遭遇。瀕死の被害者は「テン」と呟いて息を引き取った。意味不明の「テン」とは何を指すのか。デート中、事件を直接目撃した田島は、新聞記者らしい関心から周辺を洗う。
吉原手引草
松井 今朝子
ミステリー・歴史・時代
吉原一を謳われた花魁葛城が、忽然と姿を消した。一体何が起こったのか? 吉原を鮮やかに描き出し、直木賞を受賞した時代ミステリーの傑作。
この著者の他の本
天使の囀り
松井 今朝子
ホラー・怪談・ミステリー
北島早苗は、終末期医療に携わる精神科医。恋人の高梨は、病的な死恐怖症(タナトフォビア)だったが、新聞社主催のアマゾン調査隊に参加してからは、人格が異様な変容を見せ、あれほど怖れていた『死』に魅せられた
十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)
松井 今朝子
クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)
松井 今朝子
黒い家
松井 今朝子
若槻慎二は、生命保険会社の京都支社で保険金の支払い査定に忙殺されていた。ある日、顧客の家に呼び出され、期せずして子供の首吊り死体の第一発見者になってしまう。ほどなく死亡保険金が請求されるが、顧客の不審
平均点ランキング