Warning: file_get_contents(https://www.amazon.co.jp/%E7%8E%8B%E3%81%A8%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%B9-%E7%B1%B3%E6%BE%A4-%E7%A9%82%E4%BF%A1-ebook/dp/B010NQE9DE?SubscriptionId=AKIAIKDVKBSMBJUACPQQ&tag=s0368-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B010NQE9DE): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 王とサーカス (米澤 穂信)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
王とサーカス
米澤 穂信
東京創元社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
2015年No.1ミステリ 2年連続3冠達成!

『このミステリーがすごい!』 2016年版 国内編 第1位
『週刊文春』ミステリーベスト10 2015年【国内部門】 第1位
「ミステリが読みたい!」2016年版 国内篇 第1位

絶賛を浴びた『満願』をも超える、渾身の書き下ろし傑作ミステリ


2001年、新聞社を辞めたばかりの太刀洗万智は、知人の雑誌編集者から海外旅行特集の仕事を受け、事前取材のためネパールに向かった。現地で知り合った少年にガイドを頼み、穏やかな時間を過ごそうとしていた矢先、王宮で国王をはじめとする王族殺害事件が勃発する。太刀洗はジャーナリストとして早速取材を開始したが、そんな彼女を嘲笑うかのように、彼女の前にはひとつの死体が転がり……。「この男は、わたしのために殺されたのか? あるいは――」疑問と苦悩の果てに、太刀洗が辿り着いた痛切な真実とは? 『さよなら妖精』の出来事から10年の時を経て、太刀洗万智は異邦でふたたび、自らの人生をも左右するような大事件に遭遇する。2001年に実際に起きた王宮事件を取り込んで描いた壮大なフィクションにして、米澤ミステリの記念碑的傑作!
帯情報
わたしはまだ、なにをも知ってはいないのだ。
ひとにものを訊く意味も。
ひとにものを伝える意味も。

彼女は異邦でふたたび、
自らの人生をも左右するような大事件に直面する。
彼女は何を見、何を聞き、何を胸に刻んだのか。

「満願」「折れた竜骨」の米澤穂信、渾身の書き下ろし
最新傑作
amazonでの読者の評価
最低
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
裏切りの日日(百舌シリーズ)
逢坂 剛
警察・ハードボイルド・ミステリー
人質を楯に、身代金を奪った犯人は、厳重な包囲の中で、ビルの9階からエレベーターに乗り込んだが、1階についた時には消えていた! その頃、近くのマンションで、右翼の大物が何者かに射殺された。“2つの事件は
模倣犯
宮部 みゆき
ミステリー・犯罪
「模倣犯〈上〉 」 著者 宮部みゆき 発行人 遠藤邦正 発行所 株式会社小学館  発行年 2001年4月20日 初版第1刷発行     2002年7月20日 初版第12刷発
メルカトルと美袋のための殺人
麻耶 雄嵩
ミステリー・探偵
推理作家の美袋三条は、知人の別荘で出会った佑美子に刹那的に恋をする。しかし彼女は間もなく死体で発見され、美袋が第一容疑者とされてしまった! 事件に巻き込まれやすい美袋と、「解決できない事件など存在しな
イントゥルーダー
高嶋 哲夫
ミステリー・家族
さようなら、オレンジ
岩城 けい
女性・海外・外国
日の名残り
カズオ・イシグロ
歴史・時代・社会・海外・外国
短い旅に出た老執事が、美しい田園風景のなか古き佳き時代を回想する。長年仕えた卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々……。遠い思い出は輝き
ミノタウロス
佐藤 亜紀
歴史・時代・人間・海外・外国
帝政ロシア崩壊直後の、ウクライナ地方、ミハイロフカ。成り上がり地主の小倅(こせがれ)、ヴァシリ・ペトローヴィチは、人を殺して故郷を蹴り出て、同じような流れ者たちと悪の限りを尽くしながら狂奔する。発表さ
炎熱商人
深田 祐介
企業・会社・海外・外国
中堅商社のマニラ事務所長小寺は本社の要請で未経験のラワン材取引きに手を染めた。しかし現地の人々との信頼の上にビジネスを進めようとする彼の前に、厳しい現実が次々とたちはだかってくる……。炎熱の地で困難な
この著者の他の本
リカーシブル
深田 祐介
不思議・ミステリー
この町はどこかおかしい。父が失踪し、母の故郷に引越してきた姉ハルカと弟サトル。弟は急に予知能力を発揮し始め、姉は「タマナヒメ」なる伝説上の女が、この町に実在することを知る――。血の繋がらない姉と弟が、
王とサーカス
深田 祐介
ミステリー・海外・外国
2015年No.1ミステリ 2年連続3冠達成!『このミステリーがすごい!』 2016年版 国内編 第1位『週刊文春』ミステリーベスト10 2015年【国内部門】 第1位「ミステリが読みたい!」2016
儚い羊たちの祝宴
深田 祐介
ミステリー・事件
夢想家のお嬢様たちが集う読書サークル「バベルの会」。夏合宿の二日前、会員の丹山吹子の屋敷で惨劇が起こる。翌年も翌々年も同日に吹子の近親者が殺害され、四年目にはさらに凄惨な事件が。優雅な「バベルの会」を
満願
深田 祐介
ミステリー・不思議
平均点ランキング