レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
フリッカー式 鏡公彦にうってつけの殺人
佐藤 友哉
講談社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
帯情報
あの九○年代に十代のすべてを消費した作家、佐藤友哉、衝撃のデビュー作。
amazonでの読者の評価
最低
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
沈黙
遠藤 周作
歴史・時代・宗教・サスペンス
島原の乱が鎮圧されて間もないころ、キリシタン禁制の厳しい日本に潜入したポルトガル人司祭ロドリゴは、日本人信徒たちに加えられる残忍な拷問と悲惨な殉教のうめき声に接して苦悩し、ついに背教の淵に立たされる…
最後の戦慄
今野 敏
戦争・サスペンス
白い巨塔
山崎 豊子
サスペンス・医療
国立大学の医学部第一外科助教授・財前五郎。華麗なるメスさばきでマスコミでも脚光を浴びる彼は、当然、次期教授に納まるものと自他ともに認めていた。しかし現教授の東は、財前の傲慢な性格を嫌悪し、他大学からの
ソウルケイジ 警部補 姫川玲子
誉田 哲也
サスペンス・警察
多摩川土手に放置された車両から、血塗(ちまみ)れの左手首が発見された! 近くの工務店のガレージが血の海になっており、手首は工務店の主人のものと判明。死体なき殺人事件として捜査が開始された。遺体はどこに
暗いところで待ち合わせ
乙一
ミステリー・犯罪
王国
中村 文則
ハードボイルド・犯罪
虚ろな十字架
東野 圭吾
ミステリー・犯罪
別れた妻が殺された。もし、あのとき離婚していなければ、私はまた遺族になるところだった。東野圭吾にしか書けない圧倒的な密度と、深い思索に裏付けられた予想もつかない展開。私たちはまた、答えの出ない問いに立
告白
町田 康
犯罪・事件
この著者の他の本
フリッカー式 鏡公彦にうってつけの殺人
町田 康
サスペンス・犯罪
平均点ランキング