Warning: file_get_contents(https://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9-%E6%96%87%E6%98%A5e-book-%E6%A1%9C%E6%9C%A8%E7%B4%AB%E4%B9%83-ebook/dp/B00UKUR8MI?SubscriptionId=AKIAIKDVKBSMBJUACPQQ&tag=s0368-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00UKUR8MI): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 ブルース (桜木 紫乃)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
ブルース
桜木 紫乃
文藝春秋
ジャンル
あらすじ・内容紹介
外道を生きる孤独な男か、それとも女たちの「夢の男」か――釧路ノワールの傑作、誕生。

没落した社長夫人が新聞の社告の欄に見た訃報、それはかつて焦がれた六本指の少年のものだった。深い霧たちこめる北の街の「崖の下」で生まれた男が、自らの過剰を切り落とし、釧路の夜の支配者へのしあがる。男の名は影山博人。苛烈な少年時代を経て成熟していった、謎めく「彼」をめぐる八人の女たちの物語。
帯情報
景山博人と八人の女たち

著者新境地の傑作
釧路ノワール、誕生

自分で「まっとう」を作った男は・・・強いよ。
話の中の一人の女として「読み抱かれ」ました。
──檀蜜
amazonでの読者の評価
最低
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
きことわ
朝吹 真理子
女性・人生
葉山の高台にある別荘で、幼い日をともに過ごした貴子と永遠子。ある夏、とつぜん断ち切られた親密な時間が、25年後、別荘の解体を前にしてふたたび流れはじめる。ふいにあらわれては消えてゆく、幼年時代の記憶の
異類婚姻譚
本谷 有希子
夫婦・女性・不思議
「ある日、自分の顔が旦那の顔とそっくりになっていることに気が付いた。」――結婚4年の専業主婦を主人公に、他人同士が一つになる「夫婦」という形式の魔力と違和を、軽妙なユーモアと毒を込めて描く表題作ほか、
恋紅
皆川 博子
歴史・時代・女性
プラナリア
山本 文緒
女性・人生
「何もかもが面倒くさかった。生きていること自体が面倒くさかったが、自分で死ぬのも面倒くさかった。だったら、もう病院なんか行かずに、がん再発で死ねばいいんじゃないかなとも思うが、正直言ってそれが一番恐か
ちょっと今から仕事やめてくる
北川 恵海
お仕事・人生
ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうとしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。 同級生を自称する彼に心を開き、何かと助けてもらう隆だが、本物の同級生は海外滞
サラバ! 上
西 加奈子
人生・家族
宇喜多の捨て嫁
木下 昌輝
歴史・時代・人生
土の中の子供
中村 文則
人生・人間・親子
私は土の中で生まれた。親はいない。暴力だけがあった。ラジオでは戦争の情報が流れていた。第133回芥川賞受賞作。
この著者の他の本
それを愛とは呼ばず
中村 文則
恋愛・愛・現代
「いざわコーポレーション」の社長であり、10歳年上の妻である章子が、64歳の誕生日の夜、交通事故に遭った。意識不明のまま眠り続ける妻の他、社内に人脈を持たぬ亮介は、会社から、そして新潟から追われる。新
ホテルローヤル
中村 文則
恋愛・愛・性愛・官能
【第149回直木賞受賞作】北国の湿原を背にするラブホテル。生活に諦念や倦怠を感じる男と女は“非日常”を求めてその扉を開く――。恋人から投稿ヌード写真の撮影に誘われた女性事務員。貧乏寺の維持のために檀家
起終点駅(ターミナル)
中村 文則
現代・家族
直木賞作家桜木紫乃作品、初の映画化原作!「かたちないもの」笹野真理子は函館の神父・角田吾朗から「竹原基樹の納骨式に出席してほしい」という手紙を受け取る。「海鳥の行方」道報新聞釧路支社の新人記者・山岸里
ブルース
中村 文則
女性・人生
外道を生きる孤独な男か、それとも女たちの「夢の男」か――釧路ノワールの傑作、誕生。没落した社長夫人が新聞の社告の欄に見た訃報、それはかつて焦がれた六本指の少年のものだった。深い霧たちこめる北の街の「崖
平均点ランキング