レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
頭は「本の読み方」で磨かれる
茂木 健一郎
三笠書房
ジャンル
あらすじ・内容紹介
脳は「言葉」と向き合うときに、
一番成長する!--茂木健一郎

本の読み方ひとつで、
人は大きく変わることができるのだ。

最新テクノロジーから、文学、芸術、経済学にいたるまで、
縦横無尽の知識と鋭い知性を持った
脳科学者の「頭の中」を明らかにする、完全読書ガイド!

◎頭のいい人は、何を、どう読んでいる?
◎「話のネタ」にしたい本を選べ
◎今の自分より「ワンランク上」と「ジャンル違い」を意識する
◎1日たった10ページ!「同時進行で、複数読む」
◎「積ん読」も、確実に脳の肥やしになる――その理由
◎今、読んでいる本が、「あなたはどういう人間か」を物語る


■目次

1 これが“自分の頭で考える力”をつける第一歩
  本を読む人、読まない人、そこに圧倒的な差が生まれる
  (頭がいい人は、どう本を読み、どう活かしているのか? メリット1 読んだ本の数だけ、高いところから世界が見える ほか)

2 こんな「教養のある人」こそが強い
  仕事、人間関係、幸福…あらゆることは、読書に左右される
  (「優等生」ではなく、「オタク」を目指す地頭のよさは、こうしてつくられる ほか)

3 「自分を成長させてくれる本」の見つけ方
  「上質な文章」に触れることが、何よりも脳を鍛える
  (文学界の教養王「夏目漱石」まずはこれを読め―ジャンル別「チャンピオン」 ほか)

4 知識を吸収し、人生に活かす技法
  膨大なデータを血肉にする「7つの絶対ポイント」
  (絶対ポイント(脳には「雑食」がよい「複数」を「同時進行」で ほか))

5 「一生使える財産」としての厳選10冊
  「知の宝庫」から、本当に必要なものを盗め!
  (複雑な時代に立ち向かう―その“姿勢”「国家」と「自分」を理解する―自由を考える一冊『選択の自由』 ほか)

■著者 茂木 健一郎
脳科学者。
1962年東京生まれ。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学 大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。理学博士。
理化学研究所、 ケンブリッジ大学を経て、現職はソニーコンピュータサイエンス研究所シ ニアリサーチャー、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント 研究科特別研究教授。専門は脳科学、認知科学であり、「クオリア」(感覚 の持つ質感)をキーワードとして脳と心の関係を研究するとともに、文芸 評論、美術評論にも取り組んでいる。
2005 年、『脳と仮想』(新潮社)で第 4回小林秀雄賞を受賞。2009年、『今、ここからすべての場所へ』(筑摩書 房)で第 12 回桑原武夫学芸賞を受賞。
『脳とクオリア()日経サイエンス社)、『ひらめき脳』(新潮社)、『脳を活かす勉強法』『脳を活かす仕事術』(PHP 研究所)、『挑戦する脳』(集英社新書)のほか、著書多数。
帯情報
脳は「言葉」と向き合うときに、一番成長する!

脳科学者流完全読書ガイド
amazonでの読者の評価
最低
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
知ろうとすること。
早野 龍五
脳・思考・科学
福島第一原発の事故後、情報が錯綜する中で、ただ事実を分析し、発信し続けた物理学者・早野龍五。以来、学校給食の陰膳(かげぜん)調査や子どもたちの内部被ばく測定装置開発など、誠実な計測と分析を重ね、国内外
思考力の方法 ―「聴く力」篇
外山 滋比古
脳・思考・学習・勉強
りんごかもしれない
ヨシタケ シンスケ
脳・思考・学習・勉強
文系の壁
養老 孟司
思想・評論・脳・思考
ウェブ小説の衝撃: ネット発ヒットコンテンツのしくみ
飯田 一史
IT・WEB・本・思想・評論
頭は「本の読み方」で磨かれる
茂木 健一郎
脳・思考・本
脳は「言葉」と向き合うときに、一番成長する!--茂木健一郎本の読み方ひとつで、人は大きく変わることができるのだ。最新テクノロジーから、文学、芸術、経済学にいたるまで、縦横無尽の知識と鋭い知性を持った脳
本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法
出口 治明
本・学習・勉強
本を読むときは、1行たりとも読み飛ばしてはいけない――本を選び、読み、活かすにはどうすればいいか。「自分の頭で考える力」をつけるための要諦を、稀代の読書家が具体的に説き明かす。著者初の新書書き下ろし。
村上春樹は、むずかしい
加藤 典洋
人物伝・自伝・伝記・文学・本
見よ! 本当の村上春樹がここにいる。
この著者の他の本
獣の奏者 II王獣編
加藤 典洋
冒険・ファンタジー
児童文学のノーベル賞にあたる、国際アンデルセン賞作家賞受賞! 世界的注目作家の新たなる代表作。カザルム学舎で獣ノ医術を学び始めたエリンは、傷ついた王獣の子リランに出会う。決して人に馴れない、また馴らし
狼奉行
加藤 典洋
歴史・時代・人生
ボルケイノ・ホテル
加藤 典洋
恋愛・愛・家族
最後のトリック
加藤 典洋
ミステリー・推理
「読者が犯人」というミステリー界最後の不可能トリックのアイディアを、二億円で買ってほしい―スランプ中の作家のもとに、香坂誠一なる人物から届いた謎の手紙。不信感を拭えない作家に男は、これは「命と引き換え