レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
ささやかな永遠のはじまり
盛田 隆二
角川書店(角川グループパブリッシング)
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
悪い
良本生活での感想・レビュー
平均
64
最高
84
最低
46
合計レビュー
3人
男性3人 平均64点
おすすめ
1
おすすめしない
0
奥河
40代
男性
会社員
神様ゲーム
麻耶 雄嵩
71点
総理の夫
原田 マハ
80点
銀翼のイカロス
池井戸 潤
85点
この闇と光
服部 まゆみ
62点
インデックス
誉田 哲也
61点
63点
★★★★★★★★★★
総合評価
12点 / 20点
満足度
3点 ★★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
3点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
10点 / 15点
スピード感
3点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
3点 ★★★★★
ストーリー
19点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
3点 ★★★★★
結末の納得度
2点 ★★★★★
読後感
8点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
3点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
2点 ★★★★★
本の仕様
14点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
考えさせられる本
タイトルだけでは何か?と思わせられた。最後にはなぜこのタイトルだったのかが良くわかった。
冒頭のストーリーが普通の話ではあるが、えっー感じる展開で、この先どうなるのかとの期待を膨らませられた。
その後の展開は、日常の出版社内での出来事が展開されるが、すすむに連れて独身女性の主人公とその恋人に絞られてくる。
男性としては、どうしてそうなるのか?との疑問をもったが、主人公と同年の女性にとっては、共感できるのだろうか?
いやいや、やはり、ダメですよ!そういうことになったら将来不幸を感じることにはならないのでしょうか?
最後は、涙涙の展開にはなるが、いやいや、やはり、ダメでしょう!
Uncle S
50代
男性
自営業
46点
★★★★★★★★★★
総合評価
9点 / 20点
満足度
2点 ★★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
2点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
2点 ★★★★★
文章力
8点 / 15点
スピード感
3点 ★★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
2点 ★★★★★
ストーリー
11点 / 30点
引き込まれ度
2点 ★★★★★
共感度
2点 ★★★★★
インパクト
2点 ★★★★★
物語への感情移入
1点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
2点 ★★★★★
結末の納得度
2点 ★★★★★
読後感
5点 / 15点
読後の影響度
2点 ★★★★★
読後のあと味
2点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
1点 ★★★★★
本の仕様
13点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
3点 ★★★★★
この著者の好き度
2点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
タイトル買い
意味深なタイトルに釣られたが、おじさんが読む本ではなかったかな?
主人公の女性、相手となる男性どちらにも感情移入が出来ず、ストーリー展開が,あまりにもステレオタイプでビックリしてしまった。どのような恋愛も我が儘で,相手のことを考えているようでありながら独りよがりなモノだが、登場人物の恋愛哲学が幼稚。筋書きを一行で書ける作品だ。

柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
84点
★★★★★★★★★★
総合評価
17点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
5点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
文章力
15点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
5点 ★★★★★
登場人物の魅力
5点 ★★★★★
ストーリー
27点 / 30点
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
5点 ★★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
5点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
3点 ★★★★★
読後感
12点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
13点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
3点 ★★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
3点 ★★★★★
ほろりと涙が出る
思わずキュンとしてしまう
思わず主人公に恋をした
とにかくせつない
出版社の雑誌編集部を舞台にした上司と部下の不倫の話。だめなことと分かっていても不倫している当事者たちの気持ち。男女関係のいいとこどりをした、妻の座ではなく恋人の座でありたいと納得させる女性の気持ちなど、男性の著者何に女性の気持ちがそんなものなのかと思わせてくれる位繊細に描かれていた。最後は涙なしには読めないせつないストーリーだが、力強く生きていこうとする主人公を応援したくなります。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
人類最強の初恋
西尾 維新
SF・恋愛・愛
最終便に間に合えば
林 真理子
恋愛・愛・人間
ハヅキさんのこと
川上 弘美
恋愛・愛・人間
かりん、という琺瑯の響き。温泉につかったあと、すっぴん風に描く眉。立ち飲みで味わう「今日のサービス珈琲」。四十八歳、既婚者で「中途半端」な私が夢中になった深い愛―さりげない日常、男と女の心のふれあいや
まひる野
渡辺 淳一
女性・恋愛・愛
初めての許されぬ恋に揺れ動く多紀の心。大学医学部の教授という社会的地位をも顧みず多紀に傾いてゆく柚木。二人が初めて津和野に旅行したその途中、こんどは弟の隆彦が内ゲバの報復を受けたことを知らされる。植物
残花繚乱
岡部 えつ
恋愛・愛・現代
モダンタイムス
伊坂 幸太郎
現代・不思議
天使の柩
村山 由佳
恋愛・愛・現代
最終退行
池井戸 潤
サスペンス・現代
現場銀行員による腐敗幹部との誇り高き闘い!リアリティーあふれる長編銀行ミステリー。「負け組」と言われる東京第一銀行の副支店長・蓮沼鶏二は、締め付けを図る本部と、不況に苦しむ取引先や現場行員との板挟みに
この著者の他の本
鎮魂歌 不夜城II
池井戸 潤
ヤクザ・ミステリー
チャイナマフィア同士の銃撃戦から二年、新宿歌舞伎町の中国系裏社会を牛耳るのは、北京の雀虎、上海の朱宏、そして、銃撃事件で大金を手に入れた台湾の楊偉民だった。勢力図も安定したかと思われた矢先、雀虎の手下
鏡のなかの鏡―迷宮
池井戸 潤
不思議・ファンタジー
鏡のなかの鏡
本能寺の変 431年目の真実
池井戸 潤
歴史・不思議・謎・研究
名門・土岐明智氏の行く末に危機感を抱いていた光秀。信長の四国征伐がさらに彼を追いこんでゆく。ところが、絶望する光秀の前に、天才・信長自身が張りめぐらした策謀が、千載一遇のチャンスを与えた! なぜ光秀は
箱庭図書館
池井戸 潤
不思議・その他
僕が小説を書くようになったのには、心に秘めた理由があった(「小説家のつくり方」)。ふたりぼっちの文芸部で、先輩と過ごしたイタい毎日(「青春絶縁体」)。雪面の靴跡にみちびかれた、不思議なめぐり会い(「ホ
平均点ランキング