レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
透明カメレオン
道尾 秀介
KADOKAWA / 角川書店
ジャンル
あらすじ・内容紹介
冴えない容姿と“特殊”な声を持つラジオのパーソナリティの恭太郎はある雨の日、行きつけのバーで奇妙な女の子に出会う。ひょんなことから彼女の企てた殺害計画に参加することになる恭太郎だったが――。
帯情報
ミステリ×家族×恋愛×策略

ジャンルを超越する俊英が情熱と技術の全てを注ぎ込んだ、2015年最強のエンタテインメント小説!!

今夜も僕は、世界を作る。
少しの嘘と、願いを込めて。
amazonでの読者の評価
良い
良本生活での感想・レビュー
平均
90
最高
90
最低
90
合計レビュー
1人
男性1人 平均90点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
90点
★★★★★★★★★★
総合評価
19点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
13点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
27点 / 30点
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
5点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
5点 ★★★★★
読後感
13点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
18点 / 20点
表紙
5点 ★★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
4点 ★★★★
ページをめくる手が止められない
この本に出逢えて良かった
大どんでん返し
途中までは、なんだかよくわからない話で、設定も無理があるように思えたのですが、後半から一気に面白くなる。後半につなぐ為の、主人公であるDJ「恭太郎」が番組で話す内容がつながっていく部分が最高に面白く、一気にこの作品が好きになりました。人間の隠れたコンプレックスに光を当て、それを暖かく克服させていく部分はこの作者独特の暖かさが感じれる作品だと思います。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
イントゥルーダー
高嶋 哲夫
ミステリー・家族
作家小説
有栖川 有栖
ミステリー・その他
さよならの手口
若竹 七海
ミステリー・推理
風ヶ丘五十円玉祭りの謎
青崎 有吾
ミステリー・探偵
相変わらず学校内に住んでいる裏染天馬のもとに持ち込まれる様々な謎。学食の食器をめぐる不可思議な出来事、吹奏楽部内でのトラブル、お祭りの屋台のお釣りにまつわる謎ほかに、裏染の妹・鏡華の華麗な謎解きを加え
双頭のバビロン
皆川 博子
ミステリー・家族
小説の女王が贈る、壮麗なる銀幕奇譚。爛熟と頽廃の世紀末ウィーン。ある秘密のため引き離されて育てられた、オーストリア貴族の血を引く双子――ゲオルクとユリアン。ゲオルクは名家の跡取りとして陸軍学校へ行くが
サウスバウンド
奥田 英朗
家族・親子
獅子渡り鼻
小野 正嗣
家族・恋愛・愛
共喰い
田中 慎弥
性愛・官能・家族
一つ年上の幼馴染、千種と付き合う十七歳の遠馬は、父と父の女の琴子と暮らしていた。セックスのときに琴子を殴る父と自分は違うと、自らに言い聞かせる遠馬だったが、やがて内から沸きあがる衝動に戸惑いつつも、次
この著者の他の本
ユダの柩
田中 慎弥
ミステリー・サスペンス
ドイツ人はなぜ、1年に150日休んでも仕事が回るのか
田中 慎弥
働き方・外国・仕事
夏休み2週間以上、有休消化率100%…なのに、仕事の成果=1人あたりの労働生産性は、日本の1.5倍! ヨーロッパの中でも、まじめな日本人の気質に近く、日本と同じ物づくり大国・貿易立国であるドイツの“効
CUT 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子
田中 慎弥
ホラー・怪談・警察
廃墟になっている洋館から見つかった何体ものミイラ化した女性の遺体。それらはすべて体の一部分が欠損していた。猟奇犯罪捜査班の藤奈子らの捜査によって浮かび上がる意外な容疑者。果たして犯人の目的は?
セブン・デイズ
田中 慎弥
お仕事・企業・会社
木下勇介の勤めるトマト証券が、業界大手の朝日証券に買収される。その記事が各新聞を賑わせた朝、勇介の第二子が誕生する。妻のいない一週間、長男の世話をしなければならない勇介の、想像を絶する苦闘の日々が始ま
平均点ランキング