レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
透明カメレオン
道尾 秀介
KADOKAWA / 角川書店
ジャンル
あらすじ・内容紹介
冴えない容姿と“特殊”な声を持つラジオのパーソナリティの恭太郎はある雨の日、行きつけのバーで奇妙な女の子に出会う。ひょんなことから彼女の企てた殺害計画に参加することになる恭太郎だったが――。
帯情報
ミステリ×家族×恋愛×策略

ジャンルを超越する俊英が情熱と技術の全てを注ぎ込んだ、2015年最強のエンタテインメント小説!!

今夜も僕は、世界を作る。
少しの嘘と、願いを込めて。
amazonでの読者の評価
良い
良本生活での感想・レビュー
平均
90
最高
90
最低
90
合計レビュー
1人
男性1人 平均90点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
90点
★★★★★★★★★★
総合評価
19点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
13点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
27点 / 30点
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
5点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
5点 ★★★★★
読後感
13点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
18点 / 20点
表紙
5点 ★★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
4点 ★★★★
ページをめくる手が止められない
この本に出逢えて良かった
大どんでん返し
途中までは、なんだかよくわからない話で、設定も無理があるように思えたのですが、後半から一気に面白くなる。後半につなぐ為の、主人公であるDJ「恭太郎」が番組で話す内容がつながっていく部分が最高に面白く、一気にこの作品が好きになりました。人間の隠れたコンプレックスに光を当て、それを暖かく克服させていく部分はこの作者独特の暖かさが感じれる作品だと思います。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
時の渚
笹本 稜平
家族・ミステリー
帰郷 刑事・鳴沢了 鳴沢シリーズ
堂場 瞬一
警察・ミステリー
話があるんです――父の葬儀の翌日、一人の若者が訪ねてきた。新潟県警鬼の一課長と呼ばれた父にとって唯一の未解決案件を再捜査しろというのだ。奇しくも時効は葬儀の当日であった。遺品の備忘録に綴られる捜査への
ルパンの消息
横山 秀夫
ミステリー・サスペンス・青春
15年前、自殺とされた女性教師の墜落死は実は殺人――。警視庁に入った一本のタレ込みで事件が息を吹き返す。当時、期末テスト奪取を計画した高校生3人が校舎内に忍び込んでいた。捜査陣が二つの事件の結び付きを
戦場のコックたち
深緑 野分
ミステリー・戦争・料理
戦場でも事件は起きるし、解決する名探偵がいる。戦いと料理と〈日常の謎〉を描く、著者渾身の初長編! 第154回直木三十五賞候補作。一晩で忽然と消えた600箱の粉末卵の謎、不要となったパラシュートをかき集
獅子渡り鼻
小野 正嗣
家族・恋愛・愛
小さな入り江と低い山並みに挟まれた土地に十歳の尊は連れて来られた。言葉が話せず体も動かせない兄と尊を、都会の狭い部屋に残していなくなった母があれほど嫌っていた田舎。豊かな自然と大人たち、霊的なるものに
キッチン
よしもとばなな
家族・恋愛・愛
私がこの世でいちばん好きな場所は台所だと思う――。同居していた祖母を亡くし途方に暮れていた桜井みかげは、田辺家の台所を見て居候を決めた。友人の雄一、その母親のえり子さん(元は父親)との奇妙な生活が始ま
螢川・泥の河
宮本 輝
少年・少女・家族・歴史・時代
土佐堀川に浮かんだ船に母、姉と暮らす不思議な少年喜一と小二の信雄の短い交流を描いて感動を呼んだ太宰治賞受賞の傑作「泥の河」。北陸富山の春から夏への季節の移ろいの中に中三の竜夫の、父の死と淡い初恋を螢の
あなたの明かりが消えること
柴崎 竜人
家族・夫婦・群像劇
この著者の他の本
透明カメレオン
柴崎 竜人
ミステリー・家族
冴えない容姿と“特殊”な声を持つラジオのパーソナリティの恭太郎はある雨の日、行きつけのバーで奇妙な女の子に出会う。ひょんなことから彼女の企てた殺害計画に参加することになる恭太郎だったが――。
平均点ランキング