レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
女の庭
花房 観音
幻冬舎
ジャンル
あらすじ・内容紹介
息苦しいなんて、きっと気のせい。だって私は、普通の主婦なのだから。――子供を持たず、マンションに住む主婦。居心地の悪さを感じながらも井戸端会議に参加する日々。隣に外国人が引っ越してきて……。ありふれた女に不意に訪れた、静かな奇蹟とは?芥川賞作家の原点を示す、圧倒的傑作。
帯情報
京ことばの雅、京おんなの凄みが、淫らな秘めごとの陰影を深くする。
あふれだすのは、蜜か──毒か。
村山由佳

男と寝ること。それ以上の楽しいことを、私は知らない。

醜聞か文学か!?

衝撃の書き下ろし
女の性に迫る官能ミステリ
amazonでの読者の評価
最低
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
いなくなれ、群青
河野 裕
ミステリー・青春
11月19日午前6時42分、僕は彼女に再会した。誰よりも真っ直ぐで、正しく、凜々しい少女、真辺由宇。あるはずのない出会いは、安定していた僕の高校生活を一変させる。奇妙な島。連続落書き事件。そこに秘めら
祈りの幕が下りる時
東野 圭吾
ミステリー・警察
悲劇なんかじゃないこれがわたしの人生。極限まで追いつめられた時、人は何を思うのか。夢見た舞台を実現させた女性演出家。彼女を訪ねた幼なじみが、数日後、遺体となって発見された。数々の人生が絡み合う謎に、捜
おやすみラフマニノフ
中山 七里
ミステリー・音楽
名もなき毒
宮部 みゆき
ミステリー・事件
この本の中で特に印象に残ったのは、 主人公とその娘との会話である。 「明日桃子があかねちゃんにごめんなさいをしたら、 あかねちゃんもごめんなさいしてくれるかな?  桃子だけがごめんなさいしたら、桃子
熟れてゆく夏
藤堂 志津子
女性・性愛・官能
夏。北海道。瀟洒なリゾート・ホテル。共通の“女主人”を、それぞれの思いで待ち受ける、美しく不安な若い男女。ときに反発しあい、ときには狎れあいながら、たゆたゆと待つ日々が過ぎてゆく。女主人の望みはいった
教団X
中村 文則
宗教・性愛・官能
教団X  の書籍です。
痴人の愛
谷崎 潤一郎
夫婦・性愛・官能
美少女ナオミの若々しい肢体にひかれ、やがて成熟したその淫蕩なまでの底知れぬ魅力のとりことなった譲治。奔放なナオミは譲治の背に跨って部屋中をめぐる。女の魔性に膝まずく男の愛――焦燥と陶酔と惑乱を描く。
千年の愉楽
中上 健次
性愛・官能・不思議
熊野の山々のせまる紀州南端の地を舞台に、高貴で不吉な血の宿命を分かつ若者たち――色事師、荒くれ、夜盗、ヤクザら――の生と死を、神話的世界を通して過去・現在・未来に自在にうつし出し、新しい物語文学の誕生
この著者の他の本
神さま、お願い
中上 健次
女性・人生
こんなはずじゃなかったのに――京都は下鴨神社近くの暗い神社。学業成就、縁結び、家内安全、商売繁盛…日夜一心不乱に手を合わせる女たちの花びらを一枚めくりあげれば、脈打つのは滴る蜜か、どす黒い血か――!?
女の庭
中上 健次
ミステリー・性愛・官能
息苦しいなんて、きっと気のせい。だって私は、普通の主婦なのだから。――子供を持たず、マンションに住む主婦。居心地の悪さを感じながらも井戸端会議に参加する日々。隣に外国人が引っ越してきて……。ありふれた
平均点ランキング