レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
ラプラスの魔女
東野 圭吾
KADOKAWA/角川書店
ジャンル
あらすじ・内容紹介
帯あり。裏側数ページに軽く折れがあります。表紙に目立たない程度の摩れ、ゆがみがありますが、本自体は美品です。
帯情報
円華という若い女性のボディーガードを依頼された元警官の武尾は、行動を共にするにつれ彼女には不思議な《力》が備わっているのではと、疑いはじめる。
同じ頃、遠く離れた2つの温泉地で硫化水素による死亡事故が起きていた。
検証に赴いた地球化学の研究者・青江は、双方の現場で謎の娘・円華を目撃する――。

価値観をくつがえされる衝撃。
物語に翻弄される興奮。
作家デビュー30年、80作目の到達点。

これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった。
そしたらこんな作品ができました。
──東野圭吾
amazonでの読者の評価
普通
良本生活での感想・レビュー
平均
84
最高
84
最低
84
合計レビュー
1人
女性1人 平均84点
おすすめ
1
おすすめしない
0

40代
女性
主婦
iアイ
西加奈子
81点
蛇行する月
桜木 紫乃
66点
これからの誕生日
穂高 明
67点
羊と鋼の森
宮下 奈都
77点
84点
★★★★★★★★★★
総合評価
19点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
5点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
12点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
3点 ★★★★★
ストーリー
24点 / 30点
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
12点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
5点 ★★★★★
本の仕様
17点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
ページをめくる手が止められない
一気に読みました。裏切らないおもしろさです。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
王とサーカス
米澤 穂信
ミステリー・海外・外国
2015年No.1ミステリ 2年連続3冠達成!『このミステリーがすごい!』 2016年版 国内編 第1位『週刊文春』ミステリーベスト10 2015年【国内部門】 第1位「ミステリが読みたい!」2016
放課後
東野 圭吾
ミステリー・推理・青春
放課後 (講談社文庫) [文庫] [Jul 07, 1988] 東野 圭吾
キャッツアイころがった
黒川 博行
ミステリー・事件
滋賀、京都、大阪。全く別々の場所で発見された三人の男たちの死体は、なぜ同じようにキャッツアイを呑みこんでいたのか。キャッツアイを共通点に、連続殺人事件と断定されたが、被害者同士の関係もつかめず捜査は難
三月は深き紅の淵を
恩田 陸
ミステリー・本・読書
鮫島巧一は趣味が読書という理由で、会社の会長の別宅に2泊3日の招待を受けた。彼を待ち受けていた好事家たちから聞かされたのは、その屋敷内にあるはずだが、10年以上探しても見つからない稀覯本(きこうぼん)
エンジェルボール
飛騨 俊吾
スポーツ・不思議
さかさ町
F.エマーソン・アンドリュース
ファンタジー・不思議・児童書
リッキーとアンは、おじいちゃんの家にいくとちゅう、見知らぬ町で一日をすごすことになりました。その町の名まえは“さかさ町”いったい、どんなところなのでしょう??
龍は眠る
宮部 みゆき
不思議・ミステリー
少年アリス
長野 まゆみ
ファンタジー・不思議・学校
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。東京生まれ。女子
この著者の他の本
新参者
長野 まゆみ
警察・ミステリー・推理
日本橋。江戸の匂いも残るこの町の一角で発見された、ひとり暮らしの四十代女性の絞殺死体。「どうして、あんなにいい人が...」周囲がこう声を重ねる彼女の身に何が起きていたのか。着任したばかりの刑事・加賀恭
ダイイング・アイ
長野 まゆみ
手紙
長野 まゆみ
兄弟・姉妹・犯罪
   本格推理から学園ミステリー、パロディー小説や絵本など、さまざまな作風で読者を魅了しつづける著者が、本書でテーマに据えたのは、犯罪加害者の家族。犯罪が、被害者や加害者だけではなく、その家族にまで及
人魚の眠る家
長野 まゆみ
親子・子供・死・自殺
人魚の眠る家 [単行本] [Nov 18, 2015] 東野 圭吾
平均点ランキング