レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
命売ります
三島 由紀夫
筑摩書房
ジャンル
あらすじ・内容紹介
目覚めたのは病院だった、まだ生きていた。必要とも思えない命、これを売ろうと新聞広告に出したところ...。危険な目にあううちに、ふいに恐怖の念におそわれた。死にたくない―。三島の考える命とは。
帯情報
命を売った男が、命を狙われる・・・シニカルなタッチで描く現代社会の裏側

もっとはやく教えてほしかった・・・

隠れた怪作小説発見!

想像よりも数十倍オモシロイ

読んだ人のほどんどが「みごと!」と唸る三島由紀夫の極上エンタメ小説。
イメージを裏切る読みやすさでラスト10頁の衝撃的どんでん返しまで一気読み。
スリリング&ロマンティック!
これを読まずして三島を語るべからず!!
amazonでの読者の感想
・三島由紀夫を初めて読む方にお勧め
・三島的ハードボイルドワンダーランド
・少しだけ三島の自殺の意味が汲み取れると思う
・三島由紀夫のイメージが変わった
・気楽に三島の世界を楽しめるお得な一冊
・何も考えずに、重くならず、さくっと読める
・もっと読んでいたい
・大いに笑える一作
・彼の小説の内で一番読みやすい
amazonでの読者の評価
最低
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
星間商事株式会社社史編纂室
三浦 しをん
お仕事・コメディー・ユーモア
川田幸代29歳は社史編纂室勤務。姿が見えない幽霊部長、遅刻常習犯の本間課長、ダイナマイトボディの後輩みっこちゃん、「ヤリチン先輩」矢田がそのメンバー。ゆるゆるの職場でそれなりに働き、幸代は仲間と趣味(
王妃の館 上
浅田 次郎
コメディー・ユーモア・お仕事
パリはヴォージュ広場の片隅にたたずむ、ルイ十四世が寵姫のために建てたという「王妃の館」。今は、一見の客は決して泊めない、パリ随一の敷居の高さを誇る超高級ホテルとなっているこのシャトーに、なぜか二組のワ
デブを捨てに
平山 夢明
コメディー・ユーモア・人間
寝ずの番
中島 らも
コメディー・ユーモア・人間
上方落語界の重鎮、笑満亭橋鶴が、いままさに臨終のとき――。「師匠、何か心残りは? これはやっておきたかったということは?」と、弟子が聞くと橋鶴の口がもごもごと動いた。「そ、そ○が見たい」!! 弟子たち
命売ります
三島 由紀夫
コメディー・ユーモア・死・自殺
目覚めたのは病院だった、まだ生きていた。必要とも思えない命、これを売ろうと新聞広告に出したところ...。危険な目にあううちに、ふいに恐怖の念におそわれた。死にたくない―。三島の考える命とは。
死後
芥川 竜之介
夫婦・死・自殺
大正期に活躍した「新思潮派」の作家、芥川竜之介の後期の短編小説。初出は「改造」[1925(大正14)年]。単行本未収録であり、「芥川龍之介全集」第12巻に収録された。不眠気味の「僕」が妻の傍らで夫婦の
永い言い訳
西川 美和
家族・人生・死・自殺
殺人出産
村田 沙耶香
社会・死・自殺
「産み人」となり、10人産めば、1人殺してもいい──。そんな「殺人出産制度」が認められた世界では、「産み人」は命を作る尊い存在として崇められていた。育子の職場でも、またひとり「産み人」となり、人々の賞
この著者の他の本
命売ります
村田 沙耶香
コメディー・ユーモア・死・自殺
目覚めたのは病院だった、まだ生きていた。必要とも思えない命、これを売ろうと新聞広告に出したところ...。危険な目にあううちに、ふいに恐怖の念におそわれた。死にたくない―。三島の考える命とは。
平均点ランキング