レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
村上 春樹
文藝春秋
ジャンル
あらすじ・内容紹介
多崎つくる、鉄道の駅をつくるのが仕事。名古屋での高校時代、四人の男女の親友と完璧な調和を成す関係を結んでいたが、大学時代のある日突然、四人から絶縁を申し渡された。
何の理由も告げられずに――。
死の淵を一時さ迷い、漂うように生きてきたつくるは、新しい年上の恋人・沙羅に促され、あの時なにが起きたのか探り始めるのだった。全米第一位にも輝いたベストセラー!
ウィキペディアであらすじを見る
帯情報
ある日ふと思い立って、机に向かってこの小説の最初の数行を書き、どんな展開があるのか、どんな人物が出てくるのか、どれほどの長さになるのか、何もわからないまま、半年ばかりこの物語を書き続けました。最初のうち僕に理解できていたのは、多崎つくるという一人の青年の目に映る限定された世界の光景だけでした。でもその光景が日々少しずつ変貌し、深く広くなっていくのを見るのは、僕にとってとても興味深いことだったし、ある意味では心を動かされることでもありました。(著者インタビューより)
amazonでの読者の感想
・これはまさに「ノルウェイの森」の続編である
・私の中の村上春樹の作品としてはBEST3に入ります
・「死ぬことだけを考えて生きていた」の冒頭で即買いを決めた
・この作品はまさに村上春樹作品
・一気に読んで蔵書印を押して丁寧に机に置いた
・とてもさびしい、優しい物語でした
・実に考えさせられる作品で衝撃を受けました。
・手許に置いておきたい数少ない本
・つまらない現実を忘れるにはちょうどいい
・過去の自分に当てはめながら読めた時間は幸せだった
amazonでの読者の評価
最低
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
すなまわり
鶴川 健吉
スポーツ・人間
光待つ場所へ
辻村 深月
青春・人生・人間
大学二年の春。清水あやめには自信があった。世界を見るには感性という武器がいる。自分にはそれがある。最初の課題で描いた燃えるような桜並木も自分以上に表現できる学生はいないと思っていた。彼の作品を見るまで
まほろ駅前番外地
三浦 しをん
友情・友達・人間
あの愉快な奴らが帰ってきた! 多田・行天の便利屋凸凹コンビが主人公のヒット作『まほろ駅前多田便利軒』パート2。バツイチ三十路の多田・行天ふたりの物語に加え、脇役が主人公となるスピンアウトストーリーを収
ギッちょん
山下 澄人
人間・不思議
ミナトホテルの裏庭には
寺地 はるな
人間・ドラマ・人生
そこは、わけありのお客が集ういっぷう変わったホテルだった。 大注目の新鋭が贈る爽やかな感動作! 文章も、主人公も、ぴりっとキュート! ハートウォーミングな映画を見ているかのようでした。 ─
東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン
リリー・フランキー
親子・人生
春の庭
柴崎 友香
人生・人間
遠いアメリカ
常盤 新平
青春・人生
この著者の他の本
レキシントンの幽霊
常盤 新平
不思議・幽霊・化け物
覚めてからが夢なのか? 氷男は南極に戻り、建築家は眠りの衣をまとう 台風の目が心を裂き、チョコレートは溶けていく 何かが、まるで柔らかな木槌みたいに僕の頭を打った。 ──あれは幽霊なん
1Q84
常盤 新平
不思議・人間
ダンス・ダンス・ダンス
常盤 新平
死・自殺・ミステリー
『羊をめぐる冒険』から四年、激しく雪の降りしきる札幌の街から「僕」の新しい冒険が始まる。奇妙で複雑なダンス・ステップを踏みながら「僕」はその暗く危険な運命の迷路をすり抜けていく。七〇年代の魂の遍歴を辿
東京奇譚集
常盤 新平
不思議・世にも奇妙な物語
平均点ランキング