レビューを書く
レビュー(文芸)
平均 80 点
最高 88 点
芥川賞史上最高レベルに面白い
なぜ芥川賞なのに面白い
あまりにストレートすぎて人間の真(芯)に迫りすぎていて薦めにくい
この本は普通の人には理解できないかもしれません
こういう大人社会で他人と比較されて苦悩する話が好きです
独特な世界観
ノンフィクションのようなリアルがある
読む価値のある作品
考えさせられる本
わかるわかると共感できる
・・・
平均 76 点
最高 76 点
現代
ページをめくる手が止められない
タイトル買い
映画化希望
・・・
平均 80 点
最高 80 点
現代
ページをめくる手が止められない
タイトル買い
声を出して笑ってしまった
・・・
平均 82 点
最高 87 点
ほろりと涙が出る
先を読まずにいられない
この本に出逢えて良かった
心が温かくなる
勇気づけられた
・・・
平均 72 点
最高 72 点
プレゼントしたい本
良い読後感を味わえる
笑えて、泣けて、止まらない
・・・
平均 78 点
最高 78 点
著者のこだわりを感じる
絶対に2回読みたくなる
良い意味で裏切られた
・・・
平均 87 点
最高 87 点
読んだら止められない
背筋が凍りつく
この著者の本は全部読んだ
・・・
平均 90 点
最高 90 点
読んだら止められない
夜には読めません
絶対に会いたくない悪役
・・・
平均 61 点
最高 61 点
生き方のヒントになる
心が温かくなる
元気がもらえる
・・・
平均 80 点
最高 82 点
男泣き小説
考えさせられる本
映画化希望
多くの人に読んでもらいたい
怒涛のごとく駆け抜けるストーリー
ノンフィクションのようなリアルがある
男たちは、命を賭けて女を守った。 なぜここまで激しく攻撃されるのか? なぜ救援が来ないのか? 自衛官は人を殺せるのか? 絶え間なくふりかかる試練、窮地、想定外。 無残な死にひれ伏
平均 81 点
最高 81 点
読み終わってからしばらく動けなかった
読み終えて「完敗だ」とつぶやいていた
愛しい小説である。どうしようもなく
濃くて複雑な余韻が長引いて次の本に手をつけられない
最近読んだものの中でダントツに面白かった
この本に出逢えて良かった
「愛すべき日々に愛することを怠ったことの、代償は小さくない」 「ゆれる」「ディア・ドクター」「夢売るふたり」 映画監督・西川美和 待望の書下ろし長編。
平均 83 点
最高 83 点
読んで損はしない一冊
時間を忘れて一気読み
まさかの結末
「人殺し」と書かれた告発文。 唯一の闇を、告白するときがきた。
平均 72 点
最高 72 点
田舎のママカースト話
女性たちのドロドロした心理描写は面白く
ストーリーテリングの妙が終盤で炸裂
人間のブラックな感情が微細に表現された作品
湊さんの作品はやはり癖になります
一筋縄ではいかないストーリー展開
映画化希望
海辺の町で出会い、ボランティア基金「クララの翼」を設立した三人の女性たち。 ささいな不協和音から、やがて隠された事件が姿を現す── 善意は、悪意より恐ろしい。 心理ミステリの決定版!
平均 83 点
最高 83 点
泣ける
せつない
読んだら止められない
映画化希望
一筋縄ではいかないストーリー展開
答えをください。 娘を殺したのは私でしょうか。 愛する人を持つ、すべての人へ。
平均 75 点
最高 75 点
昭和の時代の女性の生き方を描く
角田光代さんの反戦記
本書は彼女の最高傑作ではあるまいか
女性に読んでいただきたい
家族における自分の存在感、生き方をじっくりと再考したい方にお薦め
じっくりと読んでほしい本
あの日、思い描いた未来を生きていますか? 豊かさに向かう時代、辛い過去を葬ったまま、少女たちは幸福になったのだろうか──
平均 95 点
最高 95 点
20世紀ベストミステリの1位に輝いた極上のエンタテイメント小説
本作品を読まずしてミステリーは語れないという作品
一体何度、読み返したことでしょう。最高の犯罪小説
小説に必要な要素のすべてが完璧。奇跡的大傑作
日本ミステリ史上の金字塔にして、誘拐テーマ作品の最高峰
時間を忘れて一気読み
ページをめくる手が止められない
もっと早く出会いたかった
これまで読んだミスたりの中で、もっとも魅力的な「被害者」です。 米澤穂信
平均 63 点
最高 63 点
歴史小説であり家族小説でありミステリーでもある青春小説
ハードボイルド青春小説の金字塔となる
流を読んだあとに他の小説を読むと物足りなく思う
1970代後半の台湾を舞台にした青春小説
日本語で書かれた台湾ものとしては、間違いなく突出した小説
思わず買ってしまった
台湾生まれ、日本育ち。 超弩級の才能が、はじめて己の血を解き放つ! 青春は、謎と輝きに満ちている── 二十年に一度の傑作! とんでもない商売敵を選んでしまった。 北方謙三氏(選考委員)
平均 44 点
最高 44 点
必要以上に追いかけることへの警鐘
いつも自分の生き方を振り返るチャンスをもらっています
作者独自の人生哲学が一貫して感じられる内容
別れ、悲しみ、それぞれのテーマに対してブレない人生観
この第5巻で号泣しました
タイトル買い
追いかけるから、苦しくなる。 追いかけるから、負ける。 追いかけるから、捨てられる。 人はすべて、一人で生まれ、一人で去っていく生き物である。 失ったものはかえってこない。 本物の大人は
平均 92 点
最高 92 点
真田家の軌跡がコンパクトにまとめられてて読みやすく感じた
夭逝した著者の死生観を思わせる部分が多く感動的だ
時系列で順よく描かれていて読みやすく登場人物も魅力的
混迷を深める現代に如何に生き残るかに示唆を与えてくれる名著
真田一族とは何者だったのか?地方の視点から小勢力を描く
読んだら止められない
とにかくかっこいい主人公
先を読まずにいられない
真田氏復興のきっかけを作った幸隆、鬼謀の士と言われた昌幸、そして「真田日本一の兵」と称賛された幸村。 真田三代の興亡を描く、戦国一大叙事詩! 六連銭の旗印のもと戦国乱世を駆け抜けた真田一族
平均 77 点
最高 77 点
いうなれば世界一穏やかな自殺
少年の頃の夏を想うと不思議な幸福感に包まれる
人生に迷ったことのある人に読んでもらいたい
心があたたまる感動話
一番好きな本
絶対に2回読みたくなる
どこが面白いのか説明できないけど、面白い
寿命を買い取ってもらった。 一年につき、一万円で。 ウェブで話題の、「げんふうけい」を描く作家、待望の新作!
平均 83 点
最高 83 点
シリーズ最高のガリレオ
読み終わった後満足感でいっぱい
4時間くらいで一気に読んでしまった
すごく爽やかな清々しい気分になった
とても大切なことを教えてくれる
先を読まずにいられない
ここに登場する湯川学は、「シリーズ最高のガリレオ」だと断言しておきます。 ──東野圭吾
平均 94 点
最高 94 点
現代人の心の狂いを指摘してくれる
自分の心が重病になる前に気づけるかも
とにかく、面白い
読後、なんだか心が軽くなる
この癒しを多くの方に体験してほしい
声を出して笑ってしまった
この著者の代表作
面白すぎて我慢できない
悩める人よ、伊良部総合病院神経科へ 「いらっしゃーい」 こいつ、本当に医者か!? 直木賞受賞作『空中ブランコ』につながるトンデモ精神科医・伊良部デビュー作 伊良部は、患者のため