レビューを書く
伊集院 静
平均 44 点
最高 44 点
必要以上に追いかけることへの警鐘
いつも自分の生き方を振り返るチャンスをもらっています
作者独自の人生哲学が一貫して感じられる内容
別れ、悲しみ、それぞれのテーマに対してブレない人生観
この第5巻で号泣しました
追いかけるから、苦しくなる。 追いかけるから、負ける。 追いかけるから、捨てられる。 人はすべて、一人で生まれ、一人で去っていく生き物である。 失ったものはかえってこない。 本物の大人は