レビューを書く
東山 彰良

東山 彰良
平均 63 点
最高 63 点
歴史小説であり家族小説でありミステリーでもある青春小説
ハードボイルド青春小説の金字塔となる
流を読んだあとに他の小説を読むと物足りなく思う
1970代後半の台湾を舞台にした青春小説
日本語で書かれた台湾ものとしては、間違いなく突出した小説
台湾生まれ、日本育ち。 超弩級の才能が、はじめて己の血を解き放つ! 青春は、謎と輝きに満ちている── 二十年に一度の傑作! とんでもない商売敵を選んでしまった。 北方謙三氏(選考委員)