レビューを書く
歌野 晶午
amazon評価
普通
最後の一行は途方もなく怖く、あとを引きます
日記形式で綴られる残酷いじめ物語
読者も登場人物も「操り人形」でした
いじめを受けている中学生が、そのいじめの内容と恨みを綴ったノート
ラストの伏線がどんどんつながっていく快感は本当に素晴らしい
いじめる側の中学2年生が次々に殺される! 魂の叫びが生んだ、大どんでん返しトリック! 神様、今度はあいつを殺してください。 いじめられる中2男子が「神」の力で次々に怨みを晴らす──。