レビューを書く
火坂 雅志
平均 92 点
最高 92 点
真田家の軌跡がコンパクトにまとめられてて読みやすく感じた
夭逝した著者の死生観を思わせる部分が多く感動的だ
時系列で順よく描かれていて読みやすく登場人物も魅力的
混迷を深める現代に如何に生き残るかに示唆を与えてくれる名著
真田一族とは何者だったのか?地方の視点から小勢力を描く
真田氏復興のきっかけを作った幸隆、鬼謀の士と言われた昌幸、そして「真田日本一の兵」と称賛された幸村。 真田三代の興亡を描く、戦国一大叙事詩! 六連銭の旗印のもと戦国乱世を駆け抜けた真田一族