レビューを書く
西川 美和
平均 81 点
最高 81 点
読み終わってからしばらく動けなかった
読み終えて「完敗だ」とつぶやいていた
愛しい小説である。どうしようもなく
濃くて複雑な余韻が長引いて次の本に手をつけられない
最近読んだものの中でダントツに面白かった
「愛すべき日々に愛することを怠ったことの、代償は小さくない」 「ゆれる」「ディア・ドクター」「夢売るふたり」 映画監督・西川美和 待望の書下ろし長編。